酢キャベツダイエット,効果,

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

酢キャベツダイエットの方法と効果って?

読了までの目安時間:約 5分

 

酢キャベツダイエット

テレビ番組でも紹介された「酢キャベツダイエット」の方法や、
酢キャベツの作り方、アレンジ方法をまとめました。



酢キャベツダイエットってどんな方法?


酢キャベツダイエットは、


食物繊維が多いキャベツと、
クエン酸、グルコン酸などの酸を含む酢を一緒に摂ることで、


腸内環境整えて、
便通を改善し、やせやすい体質になる、


という方法です。

酢キャベツダイエット

食べた「酢」は大腸まで届くの?


酢に含まれるグルコン酸には、
腸内の善玉菌を増やす作用があり、

また、酢の抗菌作用で
大腸菌などの悪玉菌が減る、


という情報もありますが、


お酢に含まれる酸は、胃や小腸で吸収されるので、
腸内細菌がいる大腸までは届かない、という説もあります。


しかし、酢に含まれているクエン酸には、


体内で、糖質、脂質、タンパク質などの栄養をエネルギーに変える
代謝を助ける、


カルシウム、鉄、亜鉛などのミネラル類の長からの吸収を助ける、


などの効果があり、酢を摂ることで
食べたものがエネルギーに変わりやすくなったり、
代謝に必要なミネラル類が吸収されやすくなる、ということは
言えそうです。


キャベツに含まれる食物繊維の量は?


キャベツに含まれる食物繊維の量は

100g当たり
非水溶性食物繊維 0.4g
水溶性食物繊維 1.4g


です。


「大根おろしダイエット」というダイエット法がありますが、
生の大根の場合は


100g当たり
非水溶性食物繊維 0.5g
水溶性食物繊維 0.9g


なので、水溶性食物繊維はキャベツの方が多いですね。


また、酢キャベツは塩と酢でキャベツをしんなりさせるので、
普通に千切りキャベツを食べるよりも
多くの量を食べやすいという利点があります。


非水溶性食物戦にはお通じのカサを増やして腸を刺激する、
水溶性食物は、腸内細菌のバランスを整えたり、糖質・脂質の吸収を抑える、血糖値の急上昇を防ぐ、


などの働きがあります。


酢キャベツの作り方


【材料】

作りやすい分量

  • キャベツ 1/2個

  • 塩 小さじ1/2

  • 酢 200ml



【作り方】

1.キャベツを洗って水けをきり、千切りにします。
量が多いので、スライサーを使うと便利です。


2.切ったキャベツをポリ袋に入れて塩を入れてもみます。
酢も入れて全体をなじませます。


3.冷蔵庫に入れて半日ほど寝かせたら食べられます。


普通の穀物酢では酸味がキツイ、と感じる人はリンゴ酢にすると食べやすくなります。


酢キャベツの保存


冷蔵庫で1週間程度保存できますが、
出し入れを清潔にするため、
できあがったらポリ袋から密閉容器に移したほうがいいでしょう。


取り出すときにはもちろん、清潔な箸やトングを使ってください。


酢キャベツの食べ方


毎食100gくらいずつ食べるのがおすすめです。


食べ方は、そのまま食べる以外には、


ヨーグルト、クルミ、レーズンなどと和えてコールスロー風にする


粒マスタードと和えて肉料理の付け合わせにする


中華スープや鶏がらスープの素、溶き卵などとスープにする


など。


スポンサードリンク



酢キャベツダイエットの方法と効果って? まとめ


酢キャベツは、


キャベツの千切りに酢をなじませたもので、

キャベツに含まれる食物繊維と
酢の効果が腸内環境が整えられて
やせ体質になる、と言われています。


酢に含まれる「酸」の成分が、そのまま大腸までとどくのか?
は意見が分かれるところのようですが、


クエン酸には代謝を助けるなどの体に良い作用がありますし、
酢キャベツにすることでキャベツの食物繊維がとり入れやすくなるので、


ダイエットをサポートする方法として
試してみるとよいのでは?


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント