ライスミルク 作り方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

話題のライスミルクの作り方は?

読了までの目安時間:約 5分

 

ライスミルクの作り方

from: 小西はるか
@自宅リビング

テレビや雑誌で話題のライスミルクの作り方って?



おはようございます。


昨日、ライスミルクの記事を書きましたが、
後で近所のAEONに行ったら、


AEONの中の、カルディみたいな店(カルディがプロデュースしているらしい)に
ライスミルクがありました。


VFIT、というブランドで、


プレーンタイプの原材料は、


発芽玄米(タイ産)、砂糖、大豆たんぱく、香料


とあります。


タイで栽培されている、オーガニックの玄米を発芽玄米にして
ライスミルクにしているそうです。


お値段は、250mlで150円くらいでした。


このライスミルクには、大豆たんぱくが使われていますが、
大豆アレルギーで、豆乳飲めないからライスミルクを選ぶ、
という人にはこれはNGですね。


  • アレルギーの人、

  • 使うお米の種類や産地にこだわりたい人、

  • 砂糖を使いたくない人


にとっては、自分で作るのが一番、
何を使ったのかわかるので安心ですよね。

VFITには添加物などは入っていませんが、
市販のライスミルクには、乳化剤や増粘剤が使われている場合もあり、
そうしたものが気になる方もいると思います。

そこで、ライスミルクの作り方をいくつかご紹介します!

NHK「あさイチ」のライスミルクのつくり方

第3のミルク特集で

料理研究家の柴田真希さんがライスミルクの作り方を紹介しました。

作り方は、

炊いたご飯に5倍の量の水を加えてミキサーにかける


これだけです。


ご飯を、発芽玄米、玄米、雑穀米にすると
ミネラルやビタミンがしっかり取れます。


番組では、「きな粉ライスミルク」、「はちみつレモンライスミルク」
などが紹介されましたが、
基本的には、油分は入れない方法でした。


生米で作るライスミルク



ローフードを意識している方などは、
炊いたご飯ではなく、


生のお米で作るライスミルクがいいかもしれません。


材料は、生の玄米100g、水300ml


玄米はそのままミキサーにかけるのではなく、
一晩浸水させます。


水を切った玄米と分量の水をミキサーにかけ
その後で眼の細かいザルで濾します。


炊いたご飯で作った場合、
ご飯はクリーム状になってしまうので、
そのまま飲んでもいいのですが、

生の米だとさすがにザラザラした粒が残りますので、濾します


甘み、塩、油分はお好みで足します。。


油分を混ぜる場合の注意点


自家製のライスミルクに、後から
亜麻仁油、ココナッツオイルなどの油分を入れる場合、


普通に入れて混ぜてもなかなか乳化せず、
油滴が浮いているような状態になります





「飲むのは自分だから気にしない」


という方もいるのでそれはそれでいいのですが、


家族の方などはいやがるかもしれません。


ライスミルクと油分を乳化させる方法は、


温めた油に少量のライスミルクを入れて
コーヒークリーマーやハンドミキサーでがーっと混ぜると
乳化するので、


それを残りのライスミルクに入れる、
という方法です。


ただ、亜麻仁油やえごま油は
熱に弱いので、直火にはかけず、
湯せんにしててください。


この乳化の方法は、


ココナッツオイルをコーヒーに入れるときにも使えます。


スポンサードリンク



乳化剤や像年多糖類を使わない
自家製のライスミルクは、
固形分(米)が沈殿しますので、


時間を置いて飲む場合は混ぜたり振ったりしてくださいね。


話題のライスミルクの作り方は?まとめ


基本的には、ごはんか、水に浸してふやかした米を水を
ミキサーにかけるだけ、


で簡単に作れるライスミルク。


ただし、自家製の場合、
時間を置くと沈殿したり、
油分が混ざりにくいということがありますので、


工夫してみてください。


作ったライスミルクの保存期間ですが、
冷蔵庫に入れて、


でも基本的にはその日のうちに飲みきるようにしてください


ご参考までに。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント