糖質制限 ダイエット

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

糖質制限ダイエット、糖尿病治療食を参考にして成功しました

読了までの目安時間:約 5分

 

糖質制限ダイエット

最近、糖尿病の治療食としても
糖質制限(低炭水化物)の食事が
注目されています。



兵庫県在住の30代女性が
糖尿病治療食を参考に
ダイエットに成功した、という体験談をご紹介します。


※本当に糖尿病の方の治療食は、
その方の病状によっても、どの程度、糖質を制限するのかが
違います。


すでに腎臓機能に障害が出ている患者さんの場合、
糖質を制限してたんぱく質を増やすことができないそうです。


またダイエット目的で糖質制限の食事をする場合も、
どの程度、炭水化物をカットするのか、
その代わりにどんな食材を増やすのか、など


さまざまな方法があります。


体験談は参考、として読んでください。


糖質制限食でダイエットをしました


最近血糖値がちょっと高いね,
と健康診断で言われてしまったので、
糖尿病予備軍にならないように糖質制限でダイエットをしていました。


2013年の11月からはじめて、2015年の今は-20㎏です。


どうしてこんなに減ったのかというと、
当然もともと肥満タイプだったというのもありますが
糖尿病の実際の治療を参考にしたのが大きかったと思います。そうちs


最近テレビや雑誌でも血糖値を上げないようにするなどの特集や、
糖質制限ダイエットの記事をよく見ますが、


糖尿病の治療として食べる食事は
「治療食というよりも普通の人が食べるとすごく健康になる、バランスの良い食事」
という紹介を見て、それを参考に献立や食べ方を工夫するようになりました。





私が実践したのは


「野菜から食べる」

「水分はたくさん取る」

「炭水化物は昼食に」

「どうしても甘いものが飲みたくなったら人工甘味料と炭酸水で自作のレモネードを作る」

「週3回、30分のウォーキング」


です。


野菜を食べる、水分を取るというのは糖質制限と直接関係がないように思えますが、


野菜から食べることによって、
炭水化物の糖質の吸収がゆるやかになることと、


様々な種類の野菜を使いこなすことで、
糖質制限でもバリエーションが豊かになること、
見た目に満足感があれば炭水化物はそんなに必要ない、


などのメリットがありました。


そしてダイエット中は水分が不足しがちということで、
水分はしっかりと摂取


糖質制限をするのは、
慣れていないうちはストレスが溜まってしまいがちでしたが、


どうしてもジュースが飲みたくなったら、
炭酸水にレモン汁(市販のレモン粉末などでもいいです)と、
糖質オフの甘味料を少し混ぜてレモネードを作っていました。


最初こそ違和感があるかもしれませんが、
強めの炭酸が入っているレモネードはかなりスッキリとして、
さわやかな味わいがします。


週3回、30分間を時速4km強でウォーキングもしているので
そのあとはよくこのレモネードを飲み、
ほんのり甘いご褒美、息抜きとして活用しました。


肝心の炭水化物ですが、


全く食べないと今度は低血糖の危険があるので、
ウォーキングのエネルギーにするために
活動量の多くなる昼食に玄米を食べるようにしています。


朝と夜については野菜とタンパク質を中心にして、
炭水化物はよほどのことがない限り、
主食としては取らないように気を付けました。


糖質制限食でダイエットの結果


その結果20kgもの減量に成功し、
健康診断の結果も素晴らしく良くなりましたが、


すっかり今の状態に慣れてしまったので、
今後もこの生活をできるだけ続けていきたいと思います。



スポンサードリンク



糖質制限ダイエット、糖尿病治療食を参考に成功・まとめ


糖質制限(炭水化物)ダイエットをしているとき
ゼロキロカロリーの人口甘味料をとっていいか?


については、


アスパルテーム、アセスルファムカリウム、スクラロースは


食後血糖値の上昇がないので摂ってもよい、


とする意見と、


人口甘味料は血糖値は上げないが
インスリンの分泌を促す、
という意見とがあります。


甘いものがほしいときは、
ドライフルーツを少し、というほうが
いいかもしれませんね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント