糖質オフダイエット ポイント

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

糖質オフダイエットを成功させる3つのポイントとは?

読了までの目安時間:約 6分

 

糖質オフダイエット

小西はるか
@自宅リビング

糖質オフダイエットはやみくもにやっても効果がでないばかりか
何を食べたらいいのか分からない辛くて続かない、ということも。



こんにちは。


最近、ある程度しっかり食べられて、
効果の高いダイエット法として
糖質オフダイエットが注目されています。


でも、挫折したり、リバウンドしたりする人も多いようです。


そこで、糖質オフダイエットで効果を出すポイントをまとめてみました。


そもそも、どうして糖質オフすると痩せられるの?


昔から、
ごはん、パン、砂糖などの「糖質」は太りやすい
というイメージがありますが、


どうして糖質を摂りすぎると太り、オフすると痩せられるのでしょうか?


その理由となるのが、インスリンというホルモンの働きです。


糖質を含むものを食べると、糖質が吸収されて血糖値が上がります。
血糖値があがると、膵臓からインスリンが分泌され、


細胞でエネルギーに変え、それでも血糖値が下がらなければ
筋肉や肝臓などに血糖を蓄えさせます。


しかし、常に摂っている糖質の量が多いと、
筋肉にも肝臓にも血糖の備蓄が十分にあるため
最終的に、血糖は脂肪細胞に送られます。


インスリンは脂肪細胞内での中性脂肪の分解を抑え合成を促す働きもあるので
糖質の摂取量が多く、いつもインスリンがたくさん分泌されていると、
太りやすくなるのです。


糖質オフダイエットのポイントとは?


糖質を摂りすぎないことがダイエットの鍵、ということが分かっても、
やってみた人が
意外と難しい、と感じる糖質オフダイエット。


成功のポイントは次の3つです。



1.糖質を厳しく制限しすぎない

2.脂質をカットしすぎない

3.まずは朝食からトライする



1.糖質を厳しく制限しすぎない

ほぼ完全に糖質をカットするような厳しい糖質制限をするダイエット法もあるのですが、
ダイエット効果を上げるためには


糖質を1食20~40g、1日の食事で60~120g、にする
緩い糖質オフ


でよいそうです。


実は厳しい糖質オフと上に書いた程度の緩い糖質オフとで
体脂肪量の減少に違いがない、という研究結果があります。


じゃあ、糖質20~40gって、食べ物としてはどんなものが食べられるのか、ですが、
ご飯なら半膳食べられます。


パンの中ではクロワッサンはバターの脂肪分が多いため、
意外と糖質は少なくて19g。まるまる1個食べられます。





2.脂質をカットしすぎない

上に「クロワッサンは糖質の量としてはOK」と書きましたが、


「カロリーが高いんじゃないの?」


という疑問があるかと思います。


糖質オフダイエットでは、カロリーにはあまり神経質にならなくてもOK。


糖質をオフした上に、脂質まで減らしてしまうと、
満足感が得られずに挫折しやすいので
ある程度しっかり摂った方がよい、とされています。


3.まずは朝食からトライする


3食全部、糖質をオフするのはハードルが高い、
という人は、


まずは、朝食からトライ。


朝食はパンやグラノーラなど
糖質がメインになりやすいのですが、


起床後には成長ホルモンなどの働きで血糖値が上がりやすくなっているところに
糖質メインの朝食を摂ると、
高血糖状態の弊害が出やすいのです。


言い換えると、


糖質オフの効果が出やすいのが朝食、ということになります。


まず朝食1食から糖質が少ない食事に慣れ、
徐々に昼や夜も糖質を減らす、というのが始めやすいので、
試してみてください。



スポンサードリンク



糖質オフダイエットを成功させる3つのポイントとは?まとめ


いかがですか?


私は「糖質オフ、これくらいの緩さで効果が出るならやりやすい!」
と感じました。


ちなみに、女性なら気になる


甘いモノ


ですが、


最近は糖質オフのスイーツも出ていますし、
普通のスイーツでも、


アイスクリームやプリンなど、甘み以外の炭水化物(粉類ですね)の使用量がほとんどないものは
糖質が少ないです。


ちょっとは歯ごたえがほしい、という場合は
シュークリームは1個で糖質20g程度なので、
その分、食事時の主食の量をほんの少し控えればOK。


カロリー制限ダイエットでは


脂質が少なく低カロリーでダイエット向き、とされる
和菓子は、餅も小豆もすべて糖質なので、
糖質オフダイエットでは注意が必要です。


参考にしてみてくださいね!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント