猫背 下腹

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

猫背を解消して下腹ポッコリを解消できる歩き方とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

猫背 下腹

歩くだけでPCやスマホの長時間利用が原因の
猫背をリセットして、二の腕もすっきりできる
方法とは?




スマホやPCが原因の猫背が増えている


スマホやPC作業をしているときには、
前かがみになって


肩の関節が前に倒れ込んで
巻き込まれた猫背の姿勢になっています。


この状態が長く続くと、
肩が内側に巻き込まれたまま
筋肉が凝り固まってしまいます。

猫背 下腹

下腹ぽっこりは猫背が原因?



猫背になっているときには、
肩甲骨が左右に離れて上に上がっています。


そして背中が丸まり、
腰が丸まって
下腹がポッコリ出た姿勢になります。



ずっとこの状態でいると、
お腹の筋肉がゆるみ、
脂肪がつきやすくなります。


ダイエットをして体重を減らしても
下腹がぽっこりしたまま、
というのは、


猫背のためかもしれません。


即・猫背が直って下腹がすっきりする方法



手のひらと手の肘の内側を
正面に向け、
脇を締めると、


自然と肩甲骨が寄って下がり、
猫背が直ります。


すると、骨盤が立ってお腹が伸びるので、
その場でも下腹ぽっこりが
かなりすっきりすることができます。


この猫背リセット法は、
1日に何セット、と限らず、


仕事や、スマホ利用の合間など、
気が付いたときにこの姿勢を10秒取る、
など習慣にするとよいです。



もっと下腹をすっきりさせるには?


猫背から正しい姿勢に戻るだけでも、
お腹がすっきりして見えますが、


さらに、インナーマッスルに働きかけて
下腹を引き締めるには、


手のひら・肘の内側を前に向けて
歩くのが効果的です。



手のひらと肘の内側を正面に向けることで
正しい位置に戻った肩甲骨を
多く動かすことを意識して歩きます。


すると、肩甲骨に連動して足が前に出やすくなり、
上半身と脚をつないでいるインナーマッスル=腸腰筋が
働きます。


これも、特にウォーキング、ということではなく、
トイレに立ったとき、など
普段の生活に取り入れればOKです。


できるだけ左右の肩がしっかり動かすため、
手に荷物が無い状態がよいです。
(両肩に同じように負荷がかかるリュックは
重過ぎなければOK)



スポンサードリンク



猫背を解消して下腹ポッコリを解消できる歩き方とは? まとめ


猫背や肩こりやストレートネックなどの
不調の原因になるだけでなく、


下腹ポッコリにも影響しています。


手のひら・肘の内側を前に向けることや
その状態で歩くことは、


わざわざエクサイズとして時間を取らなくても
生活の中で取り入れることができる方法なので、
試してみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。