12時間ダイエット

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

無理なくできてファスティング効果抜群12時間ダイエットとは?

読了までの目安時間:約 4分

 

12時間ダイエット

小西 はるか
@青山のスタバ


普通に3食食べて12時間何も食べない時間を作るだけの12時間ダイエットが効果抜群、と評判です。



12時間ダイエットとは?



12時間ダイエットとは、
夕食を食べた後、翌日の朝食までの間、12時間何も食べずに断食する、ファスティングダイエットです。
12時間、というと、


夕食を19時に食べ終わったら、翌朝の朝食は7時。
とても普通な食事のリズムで、たったこれだけのことでファスティング=断食になるの?とという疑問も出てきます。


12時間ダイエットに効果がある理由


12時間ダイエットによく似たダイエット法として、
8時間ダイエットがあります。

8時間ダイエットの基本的なルールは、起きている時間中8時間の間に食事をし、残りの16時間は何も食べない、というもの。


しかし、12時間ダイエットでは、
食べないでいる時間が長すぎると、エネルギー不足によって筋肉が分解されて代謝が落ちたり、
次の食事で食べ過ぎてしまったりするので、12時間以上食事の感覚を空けない方がよい、と考えます。


一方で、前日の夕食と翌日の朝食の間に適切な時間を空けることによって、
脂肪燃焼が促されて痩せやすくなります。


また夜間は、脂肪を分解する働きを抑制する作用があり、肥満遺伝子とも呼ばれるBMAL1(ビーマルワン)の分泌量が多くなるため、夕食後12時間空ける、というルールを守れば、太りやすい時間に食事をしない、という効果もあります。


12時間食べない、以外のルールは?


12時間ダイエットは、夕食から翌朝朝食までの間に12時間食事をしない、というルールのほか、
次のようなことを守ってください。


1.1日3食朝食から食べる

12時間空ける以外は、1日3食、朝食・昼食・夕食に分けて食べます。

12時間ダイエット

2.夕食は20時までに食べ終わる

夜間には太りやすくなる遺伝子BMAL1の量が増えるので、夕食は夜20時までに食べ終わるようにします。


3.間食は200kcal以下に

間食をしてもOKですが、200kcal以下に抑えましょう。
間食で100kcal摂ったら夕食は主食を半分に、200kcal摂ったら夕食の主食を抜きます。



スポンサードリンク



無理なくできてファスティング効果抜群12時間ダイエットとは? まとめ


12時間ダイエットは、一時的に半日~数日断食してデトックス効果を狙うファスティングとは異なり、
毎日の食習慣として


20時までに夕食を終えたら翌日の朝食まで何も食べない


ことを継続して無理なく痩せる方法です。


要するに、「規則正しい食事」ということに近い内容なので、
劇的に短期間の大幅ウエイトダウンは望めないかもしれませんが、その分、リバウンドもリスクも少ないそうですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント