セカンドミール効果ダイエット

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

朝食の選び方でやせる!セカンドミールダイエットとは?

読了までの目安時間:約 4分

 

セカンドミールダイエット

朝食の選び方で楽に痩せられる
セカンドミールダイエットって
知っていますか?




セカンドミール効果とは?


セカンドミール効果とは、


その日の最初の食事(ファーストミール)に
血糖値を上げにくくするものを食べることで、


2回目の食事(セカンドミール)の後まで
血糖値が急激に上昇しにくくなる



という効果です。



食べる順番ダイエットでは、
1回の食事の中で、


汁物→野菜→たんぱく質メインのおかず→ごはんなど炭水化物主体のもの


という順序で食べることで、
血糖値を上げにくくしますが、


セカンドミールダイエットでは、
血糖値を上げにくくする効果が、
次の食事まで、


あるいは


その日1日継続するようにできる、
とされています。


血糖値が上がるとインスリンが分泌されて
血糖値を下げますが、
インスリンには脂肪をためこむ、という作用もあります。


ですから血糖値を上げにくくすることで
太りにくくなるのです。

セカンドミールダイエット

どんな食べ物にセカンドミール効果があるの?


セカンドミール効果がある食べものは、


食物繊維(特に水溶性食物繊維)が豊富で
低GIであるもの



です。


水溶性食物繊維の代表的なものは、
β-グルカン、アルギン酸、ペクチンなど。


β-グルカンを多く含む食べ物は、
もち麦、大麦、玄米などの穀物
きのこ、


アルギン酸の多い食べ物は
昆布やわかめなどの海藻、


ペクチンが多い食べ物は
大根、りんご、アボカドなど。


また、大豆や大豆製品に含まれる
大豆オリゴ糖、


納豆、おくら、ヤマイモなどに含まれる
ムチン


にもセカンドミール効果があります。


朝食にこれらを食べると、
昼食の後まで
血糖値を上がりにくい、という効果が持続します。


また、食物繊維には、
腹持ちをよくする効果もありますので、


ランチに食べすぎてしまったり、
間食に甘いものを食べたり
することを防ぐことができます。






朝食の選び方でやせる!セカンドミールダイエットとは? まとめ


朝食に食物繊維が多く、GI値の低いものを
選ぶと、昼食まで
血糖値を上げにくくする効果があるので、


ランチに、パスタやサンドイッチなどの
炭水化物多めの食事を選んでも
血糖値を上げにくくなる効果があります。


セカンドミール効果があるものを
取り入れた食事にさらに


食べる順番ダイエットの


汁物→野菜→たんぱく質→炭水化物


の順序を意識し、



さらに、昼食にも食物繊維の豊富なものを
プラスすると、


血糖値を上げにくくなる効果がさらにアップしますよ。


参考にしてくださいね!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント