朝フルーツダイエット やり方 効果

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

朝フルーツ(フルモニ)ダイエットのやり方と効果は?

読了までの目安時間:約 4分

 

朝フルーツダイエット

朝食をフルーツに置き換えるだけで
痩せる、その理由とは?




朝フルーツダイエットとは?


朝フルーツダイエットは、
朝食をフルーツのみにするダイエット法です。


フルーツだけを食べることで
朝食の摂取カロリーを減らし、
消化によってかかる体への負担を減らす、


というダイエット方法です。


朝フルーツを食べる効果とは?


フルーツには多くの水分と食物繊維が
含まれているので、
1食をフルーツに置き換えると


その分、カロリーを減らすことができます。


フルーツに多い水溶性食物繊維は
腸内細菌のえさとなって腸内環境を整えます。


また、生のフルーツに含まれる酵素には
体内の老廃物を排出する効果があり、


カリウムには、余分な水分・塩分を排出して
浮腫みを解消する効果があります。


さらに水溶性食物繊維が多いものを朝食に食べると
昼以降の食事でも血糖値が上がりにくくなる
というセカンドミール効果も期待できます。

朝フルーツだイエット

朝フルーツダイエットのやり方は?


朝起きて最初に口にするものを
水とフルーツにするだけです。


注意したい点は、


胃の中がからっぽの状態になっているよう、
前の日の食事から8時間以上経過したのちに
朝食になるようにすること。


1回の食事で食べるフルーツは1種類にします。


果物の種類は


ダイエット目的であれば
脂肪燃焼効果のある香りと、
食欲を押させるナリンギン(苦味成分)を持つ
グレープフルーツがイチオシです。



ただし、グレープフルーツの食物繊維は、
実より房を包んでいる薄皮に多く含まれるので、


デトックス効果のためには
薄皮ごと食べるようにしてください。


水溶性食物繊維が豊富なキウイフルーツには
バナナの約4倍、リンゴの約17倍の
ビタミンCが含まれており、


美白・美肌効果もあります。


リンゴは、水溶性食物繊維と
抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富で
食べごたえもあっておすすめです。


バナナは糖質が多いのですが、それでも
1本(可食部約90g)で約80kcal程度なので、


お腹がすきやすい人はバナナを朝食に食べておくと
ランチの食べ過ぎを防ぐことができます。


バナナにはカリウムや水溶性食物繊維も豊富で、
実はダイエット向きの果物です。



スポンサードリンク



フルーツダイエットを成功させるコツ


フルーツダイエットは、


空腹な状態に
食物繊維や酵素が豊富なフルーツを食べることが
大切なので、


前の日の夕食はできるだけ早く、
遅くても20時前には終えましょう。


また水溶性食物繊維は水分を吸うと膨らみ、
満腹感や
糖質・脂質の吸収を遅らせる、


といった効果を発揮しますので、
フルーツと一緒に水を摂るようにします。


さらに午前中いっぱいはコーヒーや紅茶をやめて
水だけにしてください。


朝フルーツ(フルモニ)ダイエットのやり方と効果は? まとめ


朝フルーツを食べるダイエット法は、


やり方も簡単で、
甘みがあるフルーツをしっかり食べるので、
我慢している感じがなく、


取り組みやすくて
継続しやすい方法ですね。


ストレスが少ないことは
ダイエット成功のカギの一つなので、


フルーツ好きの方はぜひ
トライしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント