ツナ缶 ダイエット

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

手軽でダイエットにおすすめの「ツナ缶」

読了までの目安時間:約 4分

 

ツナ缶 ダイエット

小西はるか
@自宅リビング

ツナ缶はお手軽に使えて
ダイエット効果抜群の食材、
って知っていましたか?



マグロのダイエット効果とは?


こんにちは。


筋肉の維持・基礎代謝を上げ太りにくい体を作るには
アミノ酸が欠かせません。


特に、バリン・ロイシン・イソロイシンは
筋肉の材料になるアミノ酸で、
加齢やダイエットのために減少しがちです。


ダイエットで、かえって代謝が下がってしまっては
逆効果ですよね。


そこでこれらのアミノ酸が多く含まれた食材として
おすすめなのが、


マグロの赤身


です。


マグロは高たんぱく低カロリーの食品です。


本マグロの赤身のお刺身1人前(約51g)で約60kcalです。
そして、たんぱく質が13.2g含まれています。


牛肉の中でも比較的、高たんぱくで低脂肪の
皮下脂肪なしの肩ロース(生)100gで約200kcal、たんぱく質約18g
となります。


ただ、牛肉の場合、肩ロースやモモでもサシが入っていることが多いので、
脂質が多くなりがちなのが、ダイエットでは難点ですね。


ホンマグロのおさしみは高くて毎日は難しい、
という場合は、手軽なツナ缶を利用するのも手。


ただ、ツナ缶の材料はホンマグロではなく、
ビンナガマグロ(ホワイトミート)
キハダマグロやカツオ(ライトツナ)


です。


ビンナガマグロの場合、100gあたりの117kcal、
たんぱく質は26gで、


本マグロ赤身に比べてカロリーは倍になるものの、
たんぱく質が豊富。


またダイエット効果がある、とされている
DHAやEPAもしっかり含まれています。


もちろん、ダイエットにはオイル漬けではなく、
ノンオイルタイプを選びましょう。





ダイエット向きツナ缶の食べ方


ツナ、というとマヨネーズと合わせたツナサラダのサンドイッチなどが多いのですが、
ダイエットの場合は、高カロリーのマヨネーズは避けて、
サラダにする場合も、ノンオイルのドレッシングやポン酢がおすすめです。


また、たんぱく質を摂った後は
運動をしないと筋肉がつきません。


といっても「スポーツ」というほど激しいものでなくても、
食後の軽いウォーキングでも十分効果があります。


会社つとめの方なら、
朝食にツナ缶を食べて、1駅分歩いて出社する、など
わざわざ井運動の時間を取らなくても工夫できそうですね。



スポンサードリンク




手軽でダイエットにおすすめの「ツナ缶」まとめ


アスリートの中にも、たんぱく質補給のためにツナ缶を食べている人がいる、
というくらい、良質のたんぱく質が含まれているツナ缶。


運動と組み合わせてダイエットしている人には
特におすすめの食材です。


缶詰、というと、加工によって栄養が減っているようなイメージがあるかもしれませんが、
たんぱく質は加熱では損なわれません。
ツナ缶には、材料の栄養がそのまま入っています。


お値段も手ごろですぐに食べられるので、ダイエットの強い見方として
うまく利用したいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント