ナッツ 選び方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

悩み別効果のあるナッツの選び方・食べ方

読了までの目安時間:約 4分

 

ナッツ 選び方

美容やダイエット効果に注目が集まっている
ナッツの、悩み別選び方と食べ方とは?




ダイエットしたい


おすすめナッツ:クルミ

クルミには、ビタミンB1、B2 、
ナイアシン(B3)、葉酸などの
ビタミンB群が豊富です。


ビタミンB群や代謝ビタミンと呼ばれ
糖などの栄養素がエネルギーに変わる代謝を
助けます
ので、


食べたものが効率的にエネルギーに変わり、
痩せやすくなるだけでなく、


疲労回復や夏ばて解消にも効果的です。

ナッツ 選び方

肌荒れ


おすすめナッツ:ピスタチオ

ピスタチオには、βカロチン、ビタミンE 、
ルテインなどの高酸化物質が含まれており、


ブルーベリーの100倍の抗酸化作用があると
言われています。


他のナッツに比べて脂肪分が少なく、
たんぱく質が多いことも特徴です。


ストレス・頭痛


おすすめナッツ:アーモンド、クルミ

アーモンドに含まれているカルシウム、
マグネシウムには
神経の働きを安定させる働きがあり、


ストレスによる自律神経のバランスの乱れ
を調整してくれます。


またクルミにはトリプトファンというアミノ酸
の一種が含まれています。


トリプトファンは、体内で
セロトニン、という神経伝達物質になります。


セロトニンには精神安定作用や
睡眠の質を高める作用があります。


むくみ


おすすめナッツ:アーモンド、ピスタチオ

アーモンドやピスタチオに含まれる
カリウムには、


体内の余分な塩分や水分を
体の外へ排出する作用があります。


効果的なナッツの食べ方とは?


脂肪分が多いため、太る、
にきびの原因になる、


と美容やダイエットに良くないイメージ
があったナッツですが、


今ではナッツの良質な脂肪はむしろ
美容やダイエットにプラスであることや、


体に良い栄養素を豊富に含むことが
知られて、


積極的にナッツを取り入れる人が増えています。


美容・ダイエット目的でナッツを食べる場合に
注意したいのは


  • 塩が加えられたり、オイルコーティングされていないナッツを選ぶ

  • 1日の適量は25gくらい


といった点です。


また、含まれている脂肪が酸化しないように
あまり大容量で買わず開封したら
早めに食べきるようにしましょう。



スポンサードリンク



悩み別効果のあるナッツの選び方・食べ方


ナッツ類には食物繊維も含まれているので、
よく噛んで食べることで腹持ちも良くなり、


低糖質でダイエット中の間食にも
向いています。


普段は一般的に艇に入りやすい
クルミ、アーモンド


またさまざまな栄養素が摂れる
ミックスナッツもよいのですが、


特に解決したい悩みがあるときには
今回のまとめを参考にしてみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。