梅雨太り

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

太りやすくやせにくい!梅雨太りの原因と解消法とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

梅雨太り

梅雨は低気圧と蒸し暑さで、
体調や気分だけではなく、
「太りやすさ」にも影響します。

梅雨太りの原因と解消法とは・・・?




梅雨太りとは?


梅雨太りはむくみと
ストレスからくる食べ過ぎが原因。


梅雨時は気圧が下がり、
湿度と気温が上がります。


気圧が低くなると、
血管やリンパ管にかかる圧力が少なくなり、
拡張しやすくなります。


また、2つの自律神経のうち、
副交感神経が優位になって、
体は睡眠中やリラックスしているときのような


休息し、
エネルギーを蓄積する
モードになります。


そのため、血液やリンパの流れが
流れが滞りがちです。

梅雨太り

さらに、湿度が高いと
体から余分な水分が排出されにくくなり、
それによってもむくみやすくなります。


副交感神経優位の時には
食欲が増進し、消化も促進されます。


一方で、湿度の高さなどから
ストレスを感じることが多く、


そのストレスを解消するために
「食べ過ぎる」ということも。


ストレスがかかると
セロトニンの分泌が減ってしまい、
満足感が得られにくくなったり、
寝つきが悪くなったりしますので、


手っ取り早く、セロトニンを増やすために
甘いものが食べたくなる
という反応が起こりやすくなるのです。



梅雨太りの対策によい食べ物とは?


梅雨太りの予防・解消のために
効果的な食べ物は、

  • 利尿作用がある
  • 代謝を促進する
  • 血行を良くする



といった作用があるものです。


利尿作用がある食べ物は、
カリウムが豊富なキュウリやアボカド、


余分な水分を排出させる効果が高い小豆、


血行をよくして代謝を高めるのは、生姜。


また、肝臓の働きを高める
タウリンが豊富なイカ・タコもおそすめです。


ストレス食べを防ぐには?


じめじめ蒸し暑い、という天気は
帰ることはできませんので、


つい、いつもよりも
食べたくなってしまうかもしれませんが、


食べるときには
一口30回以上噛むことを目安に、
できるだけゆっくり食べるようにしましょう。


ゆっくりよく噛んで食べると、
消化管への血流量が増えて、
消化によるエネルギー消費が増える、


ということが分かっています。



また食べ始めてから20分程度で
脳の満腹中枢が刺激されて
満足感が得られやすくなります。、



スポンサードリンク



太りやすくやせにくい!梅雨太りの原因と解消法とは? まとめ


正月太り、食欲の秋など、
太りやすいとされている季節は
いくつかありますが、


実は梅雨時も太りやすい季節だったんですね。


雨降りが続いて、休みの日は家で、
ということが多くなったり、
いつもは歩くところをバスに乗ったり、


と運動量も減りがちですが、
軽い運動をして、
血行を良くすることも


むくみ解消やストレスの軽減に
有効です。


試してみてくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント