夏太り 内臓冷え性

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

夏太りは内蔵型冷え性が原因?

読了までの目安時間:約 5分

 

夏太り

from: 小西はるか
@汐留のタリーズ

夏太りの原因は
内蔵の冷え?



夏太りは内蔵型冷え性が原因?


こんにちは。


夏になると食欲が落ちて夏やせする人と
逆に「夏太り」する人とがいます。


夏太りの原因の一つは、
内臓が冷えることによって引き起こされる基礎代謝の低下です。


内蔵の温度が1度下がると、
基礎代謝は約12%も下がる、と言われています。


具体的には、30代女性の1日の平均基礎代謝量は1170kcalなので、
内臓温度が1度低くなると1日で約140kcalのエネルギーが
消費できないことになります。


140kcal、というと
ご飯をかるく1膳とか、
ビール1杯くらいです。


ですから、内蔵が冷えると
特に食べる量が増えたわけでもないのに太ってしまいます。


内臓冷え性のチェック


  • 手や足先をさわると温かい

  • みぞおちをおへその間に手を当てると冷たい

  • 冷房が効いたところではおなか、二の腕、太ももが冷えやすい

  • 食事量は比較的多い

  • 冷えるとおなかにガスがたまりやすい

  • 汗をよくかく



これらの項目のうち2つ以上当てはまると、内蔵冷え性の可能性があります。


内蔵冷えの原因とは?


内蔵が冷えてしまう原因の一つは、
冷たい飲み物や食べ物です。


冷たいものは一時の清涼剤にはなりますが、
あまり大量に続けて摂取すると内臓にダメージが残ります。


人間の体は自分の体温よりも冷たいものに対して抵抗力が十分ついておらず、
内臓が冷やされてしまいます。





冷たい飲み物を飲むとのどが冷えて、
声が出にくくなったという体験はありませんか?
これも内臓が冷えたことによる基礎体力の低下です。


内臓冷えはを中心とする消化器官の働きにも
影響を及ぼします。
胃が冷えると、食べ物を消化する機能も低下し、


結果的に十分に栄養素を吸収することができなくなってしまい、
人間にとって必要なこと全てに影響が出てしまいます。


また、内臓冷え性の人は、交感神経の働きが弱っていることがあります。
そのため、末端の手足の血管の収縮がうまくいかず、
体内の熱がどんどん放出されてしまうため、


内臓が冷えるのです。



スポンサードリンク




内臓冷えによる夏太りを解消するには?


内蔵冷え症による、基礎体力の低下を防ぐには
どうしたらいいのでしょうか?


簡単な方法としては温かい飲み物、食べ物を摂ること。


とくに、
中華丼、麻婆豆腐、酢豚などの
トロミのついたものは、


保温力が高く、食べて飲み込んでからも体の中でも温かい状態が
続きやすいので内蔵を温めるためにおすすめです。


それでもやっぱり蒸し暑い日には
冷たいものがほしくなります。


あまり我慢していても食欲がなくなり、逆に夏バテということになりますので、
適度に冷たい食べ物、飲み物も取り入れた方がよいでしょう。


1食について、かならず1つは温かいものにする(味噌汁だけでもOK)


冷たいのみものでも氷は入れない、冷蔵庫から出して数分間常温においてから飲む、


などに気をつけていただきましょう。


夏太りは内蔵型冷え性が原因?まとめ



内臓が冷えると、基礎代謝が下がって太りやすくなるだけではなく、
免疫力が落ち、夏風邪などの原因にも鳴ります。


1度の食事の中で冷たい食べ物飲み物ばかりにならないように注意して


飲み物を選ぶときには、
おなか(みぞおちとへその間)をさわって手の熱がじわーっと伝わって行くようなら
温かい飲み物を選ぶ


など注意してください


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント