冷ご飯ダイエット 失敗

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

冷やご飯ダイエットに失敗する3つのケースとは?

読了までの目安時間:約 6分

 

冷ご飯ダイエット失敗

冷やご飯ダイエットに失敗しないために
抑えておきたい3つのポイントとは?




冷やご飯ダイエットとは?



冷やご飯ダイエットは、
主食を冷えたごはんに置き換えるだけ、


という簡単なダイエット法です。


やり方は、


冷蔵庫で4、5度で5時間程度冷やしたご飯を食べる、


というだけ。


冷蔵庫から出したてのご飯では冷たすぎてイヤ、
という場合は、


冷蔵庫から出して常温にもどして食べても
かまいません。


ですが、電子レンジでの温めなおしはNGです。

冷ご飯ダイエット失敗

どうして冷ご飯ダイエットで痩せるの?


お米には糖質の一種であるでんぷん質が多く
そのために、食べると血糖値を上げて、
太りやすくなる、と考えられています。


ところが、でんぷん質は冷やすと
レジスタントスターチ=難消化性デンプンに変わります。


レジスタントスターチには食物繊維のような性質があります。


そして、食べると、


小腸では吸収されず、大腸に運ばれて、
腸内環境を整える、


食べものを包み込んで、糖質や脂質の吸収を
抑える、


といった働きをします。


ですから、ご飯を冷蔵庫で冷やして
レジスタントスターチをを増やして食べれば


糖質というよりも、
食物繊維がたくさん含まれた食べ物を
食べた、


ということになり、


血糖値が上がりにくいので、
脂肪がたまりにくくなり
便秘改善にも良い、


という効果が得られるのです。


冷やごはんダイエットに失敗するケース1


冷ご飯ダイエットの失敗で
一番多いのは、


ご飯の食べ過ぎです。


いくら冷ご飯でも、
カロリーも糖質もゼロではありません。


この失敗をする人は、
もともと、ごはんをはじめとする
炭水化物をたくさん食べる習慣がある人、


丼物が好きな男性に多いようです。


いくら冷やご飯であっても
1食の主食としての量は
お茶碗軽く1杯(160g)くらいが目安です。




冷やごはんダイエットに失敗するケース2



「主食が冷やご飯だから大丈夫」と安心して
おかずの量が増えてしまった



ケースも失敗しやすいです。


冷やごはんダイエットに失敗するケース3


ご飯よりもパン、パスタ、うどんなどの麺類を
食べる機会が多いと、
冷やご飯ダイエットの効果が出にくいです。


パンや麺類も冷蔵庫で冷やせば、
レジスタントスターチは
増えます。


ですが、小麦を粉にしパンやパスタは、
米の粒のままのご飯よりも
吸収が早く、血糖値を上げやすく、


また、パンにはバターやミルクなどが
入っていることが多かったり、


パスタは1食で食べる量が
ご飯よりも多くなりがちだったり、


とダイエット向きではありません。


全く食べてはいけないわけではありませんが、


1週間の食事全体で、
ご飯が主食の回数よりも
パン・麺類の回数が多くならないようにしましょう。



これはやっても大丈夫


冷ご飯ダイエットで失敗してしまう
ケースをご紹介しましたが、


逆に、「これはやっても大丈夫」
ということもあります。

1.温かいカレーをかけて食べる

ご飯自体が冷蔵庫で冷やしたごはんであれば、
温かいカレーと一緒に食べても大丈夫です。


特にタイカレーなどに会わせることが多い、
タイ米、ジャスミンライスなどの
ねばりけが少ない米のご飯は、


ねばりけが強い日本のお米よりも
レジスタントスターチが増えやすいので


カレーのときには
サラサラ系のお米のご飯にしても
いいですね。


2.冷たいポテトサラダを食べる

芋類は糖質が多いので、
糖質をオフするダイエット法ではさけられて
いますが、


じゃがいもにはレジスタントスターチが多く、
冷蔵庫で冷やすとレジスタントスターチ量は
2倍に増えます。


居酒屋のおつまみや、コンビニで買うお惣菜で
ポテトサラダを選んでも大丈夫です。


ただし、マヨネーズが入っていてカロリーは高めです。


ポテサラを食べたら、その分
ご飯の量を少なめにするのもお忘れなく。


女性が好きなかぼちゃサラダも、
冷蔵庫で冷やすとレジスタントスターチが増えます。



スポンサードリンク



冷やご飯ダイエットに失敗する3つのケースとは? まとめ


冷ご飯ダイエットで失敗してしまうのは、

  • ご飯の食べ過ぎ


  • おかずの食べ過ぎ


  • ご飯よりもパンや麺類の回数が多い


というケース。


冷ご飯はレジスタントスターチが増え、
それが食物繊維のように働くので、


糖質や脂質の吸収が抑えられ、
便通もよくなってダイエットできるのですが、


やはり食べすぎではその効果も
帳消しにされてしまいます。


注意してくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント