とろけるきなこ ダイエッと

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

人気のとろけるきなこのかんたんダイエットレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

とろけるきなこ ダイエット

テレビ番組や雑誌でも紹介された
「とろけるきな粉」を使った
かんたんなダイエットレシピとは?



とろけるきなことは?


とろけるきなこは、


「真誠」というメーカーの商品で
きな粉に、黒糖、麦芽糖、胡麻パウダーがブレンドされています。


もう一つ、「タクセイ」というメーカーからも
とろけるきな粉、という商品が出ており、
原材料はほぼ同じです。


(ブレンドの比率などが多少違うのかもしれません)


黒糖・麦芽糖で最初から甘みがついているので、
他に甘みを足さずに、
飲み物に溶かしたり、スイーツにまぶしたりして


すぐに使えますし、


きな粉の粒子が細かく、
サッと溶けるので、飲み物や、
プリンなどの生地に混ぜやすいのが特徴です。

とろけるきなこ ダイエット

とろけるきなこのダイエット効果


きな粉は大豆を粉末にしたものですが、


大豆に含まれる、


サポニンとイソフラボンには
抗酸化作用、脂肪燃焼作用、


カリウムには体内の塩分、水分量を調整して
浮腫みを解消する作用



があり、きな粉には
ダイエット効果があるといわれています。


またとろけるきなこは胡麻パウダーも
入っていますが、


胡麻には食物繊維、抗酸化作用があるビタミンE、
肝機能を改善するゴマグレナンなどの成分が
ふくまれています。


一番簡単な使い方は、
「ごまきな粉豆乳」で飲むこと。


豆乳200gに、とろけるきなこ大さじ3を目安に
混ぜ合わせます。


豆乳は好みで温めてもよいです。


きな粉バナナ豆乳


きな粉牛乳に、バナナをプラスして、
バナナの水溶性食物繊維とカリウムによって
便秘解消効果をさらにアップします。


【材料】

1人分

  • 豆乳 200ml

  • バナナ 1本

  • とろけるきな粉 大さじ3




【作り方】

1.バナナの皮を剥き、適当な大きさに切ります。


2.バナナ、豆乳、とろけるきなこを
ブレンダーやミキサーで混ぜます。


バナナは未熟なものの方が
難消化性でんぷんが多く含まれています。
(熟するにつれて難消化性でんぷんが甘みに変わっていきます。)


難消化性でんぷんは、水溶性食物繊維のような
働きをして腸内環境を整えるので、
便秘解消には未熟なバナナがおすすめなのですが、


日本(本州)では青バナナはあまり売っていないので
まだ黒いスポットが出ていない新しいバナナを
使うとベターです。



スポンサードリンク



とろけるきなこに甘みがついているので、
まだあまり甘くなっていないバナナでも大丈夫です。


バナナで満足感があるので、
朝食代わりにもおすすめ。


人気のとろけるきなこのかんたんダイエットレシピ まとめ


とろけるきなこは液体に溶かしても
ダマになりにくいので、


きな粉豆乳は、きな粉が口の中に
張り付いてくるようで
苦手、という人にもおすすめです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント