正座 入浴 ダイエット

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

下半身痩せに・正座入浴の効果って?

読了までの目安時間:約 4分

 

正座入浴 ダイエット


お風呂に正座して入るだけで
ほっそり足になる理由とは?




正座でお風呂に入るときのやり方


お湯を入れた浴槽の中で
正座するだけ、なのですが、いくつかポイントがあります。


お湯の温度は40℃くらい。1分半程度入りますので、
自分で入りやすい温度にします。


まず、浴槽の中で膝、踵を付けて、
膝立ちになります。
親指の間は軽く開きます。


かかとをつけたまま腰を下ろします。


猫背にならないように注意して
90秒程度正座を続けます。


その後は浴槽から出ても、
楽な姿勢に変えてしばらくお湯に入っていも
どちらでもOK。


正座ができない人は?


足首の関節が固い、など、
正座ができない人は
つま先を立て、


姿勢が不安定になるなら、浴槽のフチをつかんでください。


正座でお風呂に入る効果とは?


正座することで
太ももの裏やふくらはぎなど
大きな筋肉がある箇所が適度に圧迫され、


姿勢を変えたり、
お湯から出たりすることで
その圧が減る、


というポンプ効果で
下半身の血流、リンパの流れが良くなります。



着圧レギンスをはいて入浴する
下半身痩せの方法がありますが、
それと似ていますね。

正座入浴 ダイエット

前腿を伸ばすストレッチをプラス


浴槽の広さの余裕があったら、
正座の状態から行うストレッチを
プラスすると、さらに下半身の血流がよくなります。


1.正座から両手を体の後ろで付き
上体を後ろに傾けて
足の甲から脛にかけて伸ばします(15秒間)


2.1の姿勢からお尻を上げて前腿から股関節を
伸ばします(15秒間)。


正座をすると膝が出るってホント?


日本人は畳で椅子の生活をしてきたから膝が出ている、


という説があり、
正座で入浴することも


膝が出るのでは?


と心配する人がいるかもしれません。


しかし、正座をすると膝が曲がったり
脚の形が悪くなる、ということには
特に根拠はないようです。


膝が出っ張って見えるのは
膝裏の筋肉のストレッチ不足です。


ただし、


正座をするときに、
足首をひねった状態になって
その上から体重が乗るのは
よくありません。


ですから、入浴中に正座をするときも
膝と足首を付けて膝から下にひねりがない
状態で行う必要があります。



スポンサードリンク




下半身痩せに・正座入浴の効果って? まとめ


入浴中に正座することの下半身痩せの
効果は、


体重や水圧で
太ももやふくらはぎの
筋肉が圧迫されて


ポンプ効果で血流やリンパの流れが
よくなることによります。


一度に正座する時間は90秒程度と
短時間でできますので、
試してみては?


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント