一瞬でおなかをひっこめる方法

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

一瞬でポッコリお腹を引き締める方法とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

一瞬でおなかをひっこめる

明日デートだから今すぐ細くしたい!

そんな都合良く、一瞬で身体を引き締める方法なんて・・・
実はあるんです!



腹筋運動ではおなかポッコリは解消しない!


お腹をひっこめるために多くの人がイメージする
解決法は


腹筋運動


だと思いますが、


下っ腹のぽっこりは、
頭を起こす腹筋=シットアップでは
ひっこみません。


仰向けになって上半身を起こす腹筋で
鍛えられるのは、お腹の上の方の筋肉なので、
下っ腹には効かないのです。

一瞬でお腹をひっこめる方法
じゃあ、何をすればいいの?


って感じですが、


腹筋運動しなくても、一瞬で
下っ腹をひっこめる方法があるので、
ご安心ください。


下っ腹が出てしまう原因は?



下っ腹が出ている人の多くは
「内臓下垂」もしくは「腸下垂」
といわれる状態であることが多いです。


腸などの内臓を支えているインナーマッスルが衰えて、本
内臓があるべき位置よりも下がっている状態です。


内臓を支えるインナーマッスルが衰える原因は、


運動不足や過激なダイエットなどがありますが、


多くの人に見られるのが


猫背で骨盤が後傾した、悪い姿勢です。


筋肉を鍛えて
筋力をつけるには時間がかかりますが、


正しい姿勢になるだけでも
下っ腹ぽっこりはすぐに解消します。


これから「5秒で下っ腹をひっこめるストレッチ」を
2種類ご紹介しますね。


5秒で下っ腹をひっこめるストレッチ・その1

1.おへそから指4本分下の位置を両手で押さえます。


2.上半身をまっすぐ保ったまま45度くらい体を倒して5秒キープ。


3.体をゆっくり戻します。


この動きをするだけも、その場で、
内臓下垂が原因の「ぽっこり」がすっきりします。


さらに1日3回、毎日継続すれば、
腸が正しい位置に戻った、
お腹すっきりの状態が定着します・


5秒で下っ腹をひっこめるストレッチ・その2


お腹がぽっこりしている人のほとんどは、


肩よりも耳が前に出ている=首が前につきだしている


という姿勢になっています。


そこで、下腹をひっこめるには、
お腹そのものにアプローチだけではなく、


首が前に出て猫背で骨盤が後傾している姿勢を治す


のが効果的です。


1.足を肩幅に開いて立ちます。


2.お腹を伸ばすイメージをしながら、腕を後ろの方に伸ばし、
胸をはって上を向きます。


3.2の姿勢を5秒間キープします。


4.耳の下の付け根を人差し指で押さえ、
そこにまっすぐ棒が刺さっているイメージで
そらした胸を起こし、アゴを引きます。


このストレッチをすると、耳が肩の上に来て、
下っ腹がへっこみます


どのくらい効果があるの?


2015年9月23日放送「ソレダメ!」では、
「5秒で下っ腹をひっこめるストレッチ・その1」
を実践したところ、



女優の佐藤仁美さんのウエストが、
その場で2cm細くなりました。



スポンサードリンク



一瞬でポッコリお腹を引き締める方法とは? まとめ


一瞬でポッコリお腹を引き締める方法では、
もちろん、実際についている脂肪が
減るだけではないので、


見た目の印象による
サイズダウンのみはあります。


でも、


手足はわりと細いのに、
お腹がぽっこりしている、


なんて損をしていた人には、
効果抜群ですし、


時間をかけて体脂肪自体を落とした方がよい人も、
このストレッチ2種類をすることで、


実際に痩せた体重よりも
スッキリしてみえるので、
お得ですよ!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント