トマト 13オキソODA

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

メタボ対策にトマト!13オキソODAとは?

読了までの目安時間:約 4分

 

13オキソODA

トマトに含まれる「13オキソODA」
メタボ対策に効果がある、と注目されています。



メタボ(メタボリックシンドローム)とは?


メタボとは、
ポッコリお腹の方に多く見られる
内臓脂肪型肥満です。


手足など、体幹部以外の部分はそれほど太く見えない方でも、
内臓脂肪が多いことがあります。


どちらかというと、男性に多く、
上半身に多く脂肪がついていることから、リンゴ型肥満
とも呼ばれます。


メタボでは、肝臓や小腸などの内臓に脂肪がついてしまうことで、
様々な病気を引き起こしやすくなってしまいます。


メタボ予防改善効果がある13オキソODAとは?


体型が崩れるだけでなく、
健康状態に悪影響があるメタボ。


メタボを予防する、
またメタボの状態を少しでも改善するのは、
食生活の見直しが必要です。


脂質を抑えた食生活はもちろんですが
『トマト』が注目を集めています。


トマトに含まれるダイエット成分としては、
リコピンが知られていましたが、
最近注目されているのが、「13オキソODA」です。


トマトに含まれる13オキソODAが
血中の余分な脂肪つまり中性脂肪を燃焼しやすくし
内臓脂肪を付きにくくしてくれる、といわれています。


「13-oxo-ODA」とも書きますが、
読み方は


じゅうさんおきそおーでぃーえー


です。


13オキソODAは、トマトの中で、
リノール酸から作られ、


この栄養素が、脂肪肝や高脂血症などの脂肪の代謝異常を改善する、という
ことが2012年に発表されました


さらに、血糖値を下げる効果もあると言われています。



スポンサードリンク




13オキソODAを生かすトマトの食べ方は?


13オキソODAの効果的に取り入れるには、
トマトジュースが良いとされています。


植物には、セルロースという固い細胞壁がありますが、
ジュースにして粉砕することで、


体内に吸収することができ効果を高めることができるからです。
生のトマトを食べるよりも数倍の効果の差が出るのだそうです。


その場合、SHARP ジュースプレッソのような低速ジューサーが
よりよいですね。





中性脂肪を燃焼させるのに一日で必要なトマトの量は毎食2個となっています。
トマトジュースにすると、毎食コップ一杯分くらいが目安です。


13オキソODAは加熱しても失われることがないので、
調理しやすく取り入れやすいことが特徴です。


加熱することにより、吸収率を上げることができ、
オリーブオイルと一緒に食べるとさらに効果的です。


メタボ対策にトマト!13オキソODAとは?まとめ


トマトを食べているからといって、
他の食事の内容をぜんぜん見直さなくていい
ということでないのは当然ですよね。


また、13オキソODAが効果を見せるのは、
主に血中中性脂肪に対してなので、


特に皮下脂肪型肥満の方、
女性に多い洋ナシ型肥満の場合、即、
眼に見えた、効果がある、というものでもないかもしれません。


ですが、


間食の代わりに
トマトのジュースを1杯飲むようにする、


などの置き換えをするのは
ダイエットによさそうですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿