ホットバナナ ダイエット効果

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ホットバナナのダイエット効果とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

ホットバナナ 効果

糖質が多い、カロリーが高い、というイメージがある
バナナですが、実は美容・ダイエット効果が高い果物。


ホットバナナにするとさらに効果がアップする、
という理由は・・・?



バナナのダイエット効果とは?


バナナには、ビタミンB2、B6、ナイアシン、カリウム、水溶性食物繊維
といった、ダイエットをサポートしてくれる
栄養分が含まれています。


1.糖質の代謝が促される

ビタミンB2は脂質の代謝、
ビタミンB6はたんぱく質の代謝、
ナイアシンは糖質、脂質、たんぱく質の代謝


に関わるビタミンです。


これらを摂ることで、
食べたものがエネルギーに
変わりやすくなります。


また、ビタミンB2、B6、ナイアシンは、
肌や粘膜を守る働きもあり、
美肌にも欠かせません。


2.むくみを解消する

カリウムには、体内の水分バランスを
調整する働きがあり、


体内の余分な塩分・水分の排出を促すので
むくみが解消されます。


3.おなかポッコリの解消

バナナに含まれる水溶性食物繊維とフラクトオリゴ糖
は腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えます。


また、水溶性食物繊維は体内で水分を吸収して膨らみ
糖質の吸収を抑えて、
血糖値の急上昇を防ぎます。


ホットバナナ 効果

ホットバナナにするメリットとは?


バナナを焼くことでカサが減って
食べやすくなります。


また、温かい食べ物を食べると、
消化器官にその熱が伝わって
動きが良くなります。


焼くことで糖度が上がり、
甘さを感じやすくなる、というメリットも。


ホットバナナの作り方


バナナをよく洗います。


バナナの皮ごとアルミホイルに乗せ、
トースターで5分焼き
ひっくり返してさらに5分焼きます。


ひっくり返すときにはやけどをしないように
トングなどを使ってください。


バナナの皮には、
ビタミンB6、マグネシウム、カリウム、ポリフェノールなどが
豊富に含まれていま
すが、


普通、皮はなかなか食べられませんよね。


焼くことで皮からにじみ出てきた栄養分が
果肉に吸収されます。


いつ食べるのが効果的?


ホットバナナ1本を朝食に置き換えて食べる
のがおすすめ。


ヨーグルトをあたためるホットヨーグルト
と一緒食べると、


バナナの中の水溶性食物繊維・フラクトオリゴ糖と
ヨーグルトの乳酸菌の効果で、
おなかすっきり効果がよりアップします。


夜バナナダイエットとは?


夜バナナダイアエットは
夕食の30分前に、バナナを2本食べ、
その後、後温かい白湯や緑茶などの水分を200ml飲み


30分後に夕食を食べるときには
「おなかがいっぱいになったらやめる」


食前にバナナ2本と水分を摂ることで、
バナナの中の水溶性食物繊維が膨らみ、
満腹考えられやすくなります。


またバナナには、


すぐにエネルギーに変わる単糖類と
なかなか消化されない多糖類とが含まれており、


糖質の消化に時間差がある点でも
満足感を得やすくなります。


バナナには糖質が含まれている分、
特に、ごはんやパンなどの糖質は
控えるようにしてください。



スポンサードリンク



ホットバナナのダイエット効果とは? まとめ


バナナにはダイエットに有効な栄養分が多く
含まれており、生のまま食べても
ダイエット効果はあるのですが、


ホットバナナにすると
食べやすくなり胃腸を冷やさない、
皮に含まれる栄養分も摂れる


というメリットがあります。


また焼くと糖度がアップして
甘さも感じやすくなります。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。