ブリッジダイエット やり方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ブリッジダイエットの効果とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

ブリッジダイエット

ブリッジポーズのダイエット効果とは?




ブリッジでダイエットできるの?


ブリッジとは、あおむけの姿勢から、
手と足で支えて
体幹部を持ち上げる姿勢です。


体重を支える手足だけではなく、
体幹部の筋肉も鍛えられ、
血流が良くなって代謝がアップします。



また、普段の生活では前かがみになって
肩が前に入り猫背になりがちですが、


ブリッジでは、体の前面を伸ばすので、
猫背も改善することができます。


ブリッジのやり方


床にヨガマットなどを敷き、
靴下は脱いで滑らないようにしましょう。


1.仰向けになり、足を肩幅に開き、両膝を立てます。
膝を曲げたままでかかとをお尻まで引き寄せます。


2.手首を返して左右の手のひらを耳の横に置きます。


3.脚と手に力を入れて、腰を持ち上げ、
頭のてっぺんを床につけるようにします。


4.両腕の肘をできるだけ伸ばし、
お尻を限界まで持ち上げます。
ここまでくると頭は床から離れます。


30秒ほどキープします。


5.もどるときは、ゆっくりとおしりを床におろし、
体を床につけてあおむけに戻ります。


以上を2回繰り返します。


こちらの動画も参考になります。




ブリッジできない人はどうしたらいい?


ヨガなどでブリッジの練習をしている人は
別ですが、


ブリッジをするには
それなりの体の柔軟性と
筋力が必要です。


普段、まったく運動などをしていない人にとって
ダイエット目的でいきなりブリッジをするのは
危険もありますし、


そもそも、完全なブリッジポーズができない、
ということが多いと思います。


そういう人は
完全なブリッジを行わなくても、
ブリッジの効果が得られる方法があります。



ヨガマットの上に仰向けになったら
頭と肩は床に付けたまま、手のひらで床を押し、
お尻を持ち上げてキープします。


ブリッジの時と同じように
お腹に力を入れるようにします。


バランスボールがあれば、


頭と肩を床に付けた状態で、
足をバランスボールの上にのせてお尻をできるだけ持ち上げて
キープすると


バランスボールで不安定になる
下半身を体幹部で支えることになりますので、
より効果的です。



ブリッジはいつやればいい?


ブリッジはいつやる、という決まった
時間帯はありませんが、


夜ストレッチとして行うのがよいでしょう。
PCやスマホ操作で縮まっている体の前面の
筋肉をリセットすることができます。


朝も行ってOKなのですが、


特に朝は体が固くなっていることが多いので、
いきなりブリッジをせず、ストレッチをしてから
行うようにしてください。



スポンサードリンク



ブリッジダイエットの効果とは? まとめ


ブリッジは結構ハードなポーズなので、


行うときには、無理をせず、
むずかしい、と感じたら


頭と肩を床につけたままのバージョンから行ってください。


普段の生活ではつかない筋肉を
使って引き締めることができ、


スマホ巻き肩や猫背の解消にも
なりますので、無理のないところからトライしてみては?


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。