トマトジュース ダイエット 温める

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

トマトジュースは温めるとダイエット効果アップ!

読了までの目安時間:約 4分

 

トマトジュースダイエット

トマトジュースを温めて飲むと
ダイエット効果がアップする、って
本当?



トマトジュースがダイエットに効く理由


数年前に流行したトマトダイエットが、
最近再びテレビ番組のダイエット企画で
取り上げられたりしていますが、


トマトでダイエットできる


と言われる理由は、
トマトに含まれるリコピンという成分のためです。


リコピンは、トマトの赤い色の成分で、
β-カロテンの一種であり
強い抗酸化作用があります。


さらに、


脂肪燃焼効果


悪玉コレステロールを低減する効果


血糖値の上昇を防ぐ効果


があります。


リコピン以外にも、


  • 種の周りのペクチンが脂質の吸収を押させる


  • 水溶性食物繊維が腸内環境を調える



といった効果があります。


ダイエット効果を得るためには
生のトマトを1日当たり3個~6個食べる必要があります。


これは工夫すれば食べられなくはありませんが、
毎日だと飽きてしまう可能性があります。


ところが、トマトジュースの場合、
200mlにつきトマト約3個が使われているので、


1日に200ml~400ml
つまり、コップ1、2杯のトマトジュースを飲むと
ダイエット効果を得られるのです。



また、リコピンは、
セルロースという固い壁を持ったトマトの細胞内にありますが、


ジュースにするとセルロースが粉砕されて
リコピンを吸収しやすくなる、
というメリットもあります。


冷たいトマトジュースにも、ダイエット効果はありますが、
さらに温めると効果がアップする、
と言われるのはなぜなのでしょうか?

トマトジュースダイエット

トマトジュースを温めると起こること


リコピンは温めると体内での吸収が良くなる、という
実験結果があります。



ですから、ダイエットのためにトマトを食べるなら、
炒めり、煮込んだりした加熱調理をした方が
リコピンの効果は発揮されやすいのです。


そして、ジュースの場合も、
温め方がリコピンの吸収率が約4倍にもなる
と言われています


温め方は


600wの電子レンジで90秒加熱


でOKです。もちろん、小鍋にジュースを入れて
に火にかけてもかまいません。


オリーブオイルプラスでさらに効果アップ


トマトジュースを温めるときに、
オリーブオイル大さじ1を入れると、
さらにダイエット効果がアップします。


リコピンは油と一緒に摂ると
吸収率が上がり、


また、オリーブオイルの主成分である
オレイン酸は、
小腸で吸収されずに大腸まで届きやすいので、


大腸の中で潤滑油のように働き、
便が腸管の中で動きやすくなります。



スポンサードリンク



飲むタイミングは?


温めたトマトジュースは
間食の代わりや
食事のときに飲んでOKですが、


便秘解消のためには
夜飲むのがお勧めです。


オリーブオイル大さじ1はそれなりのカロリーなので、


1日二回飲むのであれば、
1回はオリーブオイルなしで、
夜飲む分に入れるとよいでしょう。


トマトジュースは温めるとダイエット効果アップ! まとめ


トマトジュースには1杯でトマト3個が使われており、
ジュースにするときに細胞壁が壊れているため
リコピンが吸収されやすくなっていますが、


温めることで
さらにリコピンが4倍も吸収されやすくなります。


ためしてみてくださいね!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント