デュカンダイエット やり方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

デュカンダイエットとは?食べながらやせてリバウンドしない方法って?

読了までの目安時間:約 5分

 

デュカンダイエット

しっかり食べながらやせてリバウンドなし
というフランス発のデュカンダイエットとは?



デュカンダイエットとは?


デュカンダイエットはフランスの
ピエール・デュカン博士が考案した
ダイエット方法で、


海外ではイギリスのキャサリン妃、
ジェニファー・ロペスなどが
実践しているそうです。


デュカン・ダイエットは、
4段階のフェーズに分けて、
食事の摂り方を変え、


体重を落としながら、
食欲をコントロールできるように
していきます。



脂肪の摂取量を大幅にカットするのですが、


肉、卵、魚、乳製品などのたんぱく質
食品を摂るので、
満足感が得られやすく続けやすい、


食事内容は決められていますが、
特別な食材は使わないので、
普通にスーパーなどで手に入る、


など、実践しやすいダイエット法、
と言われています。

デュカンダイエット

デュカンダイエットのやり方は?


デュカンダイエットは
ダイエットを4つのフェーズに分けて進め、
フェーズごとに食べられる食材が決まっています。


【1段階目:アタックフェーズ】

アタックフェーズでは、急激に体重を減少させるため、


食べるものはできるだけ脂肪分の多い
たんぱく質食品に限られます。


脂肪分の少ない肉、魚介類、
卵(1日2個まで)
無脂肪の乳製品


を食べることができます。


アタックフェーズは10日以上続けないこととが
ルールで、


3、4㎏体重減:1日
5、6㎏体重減:3日


といった目安があります。


糖質、食物繊維、野菜に含まれる微量栄養素などの
摂取量が極端に少なくなり、


エネルギーの低下
体臭、便秘などの症状が出ることがあるので、
短期間で切り上げます。


【2段階目:クールフェーズ】

クールフェーズは
たんぱく質だけの日、
野菜の日、と


交互に摂取することで体重を減少させる期間です。



たんぱく質は、脂肪分の少ない肉・魚介類
野菜は緑黄色野菜を中心にします。


芋、かぼちゃ、とうもろこしなどの
糖質が多い野菜は避けます。


【3段階目:コンソリデーションフェーズ】

コンソリデーションフェーズは
リバウンドを防止するための準備期間です。


1、2段階で減らした体重×10日


の日数を
コンソリデーションフェーズの期間とします


1、2段階で5キロ減らした場合は、
10日をかけて、50日間行います。



この期間中は肉や脂質は禁止です。


たんぱく質を中心に、
ライ麦パン2枚、フルーツ1カップ、チーズ50g
をプラスします。


週に2回、パスタ・ライスを150gまで
食べることができます。



【4段階目:スタビリゼーションフェーズ】

落とした体重を維持するフェーズです。


毎日野菜、果物、たんぱく質、適度の炭水化物を
バランスよく食べればOK。


ただし、週に1回、できれば木曜日に
たんぱく質だけを食べる日を設定します。


デュカンダイエットの注意点


1段階目を長期間続けないこと、


各フェーズとも、1日2リットル以上の水を飲むこと


普段から運動量が多い人は
全く糖質を摂らない
1、2段階は辛いので、


4段階目のスタビリゼーションフェーズだけを
実践し、


運動しない日はたんぱく質だけの日、
とするとよいです。



スポンサードリンク



デュカンダイエットとは?食べながらやせてリバウンドしない方法って? まとめ


デュカン・ダイエットは、
次の4段階で体重を落とし
リバウンドしないように維持します。


1.たんぱく質の肉類、魚介類、卵(一日に2個まで)、無脂肪の乳製品のみ。

2.たんぱく質の日と野菜の日を交互に設けて
体重を減少させる期間

3.リバウンドを防止するための準備期間で、
この期間から糖質の摂取量を少し増やす

4.毎日野菜、果物、たんぱく質、
適度の炭水化物をバランスよく摂り、
週1たんぱく質だけの日を作る


各段階で水は多く飲むこと、


運動量が多い人は糖質も摂ること


を注意してください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント