ティートックス お茶の選び方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ティートックスのダイエット効果とお茶の選び方は?

読了までの目安時間:約 4分

 

ティートックス お茶の選び方

お茶を使ったダイエット法、
ティートックスでは
どんなお茶を選べばいいの?




ティートックスとは?


ティートックス(Tes-tox)とは、


お茶(Tea)とデトックス(Detox)
の造語で、


むくみ解消効果、老廃物排出効果のある
お茶を飲む、というダイエット法です。



やり方は簡単で、
食事の時にお茶を一緒に飲むだけ。

ティートックス

ティートックスに向いているお茶


【利尿作用があるもの】

ネトル(イラクサ)
たんぽぽ
レモングラス

【冷え、血行改善】

生姜、クローブ、シナモン、チリなどのスパイス


【抗酸化作用】

ルイボスティー


【美肌】

はとむぎ


【便秘解消】

ローズヒップ


お茶は単体でなく、
数種類をブレンドしてもよく、

ハーブティー専門店などでは
目的に合わせたブレンド茶を扱っていたり
好みでブレンドを作ってくれたりします。


カフェインを含むお茶は?



ティートックスについての記事で


「紅茶を飲むだけ」



といった情報もありますが、
ティートックス=紅茶を飲む
ではありません。


紅茶、緑茶、ウーロン茶のような
カフェインを含んだお茶には
利用作用もあるのですが


カフェインの作用で
かえってむくんでしまう人もいます。


アメリカ食品医薬品局(FDA)のガイドラインでは
カフェイン摂取量の上限は1日に約400mgまで、
となっていますが、


人によっては、もっと少ない量でも
夜眠りにくい、といった栄養が出ることもあります。


紅茶、緑茶、ウーロン茶に含まれるカフェインの量は
1杯(150ml)あたり30mgですから、


お茶だけなら10杯くらい飲んで大丈夫そうですが、
他に、


コーヒー、ココア、チョコレートなどを
口にする場合は、注意が必要です。


ティートックスのためには、
カフェインを含まないハーブティーや
ルイボスティー、ハト麦茶などを
ベースにしたブレンドを選んだ方がいいかも。


下剤作用があるハーブに注意


お茶によるデトックス、というと


よく広告などで、


「おなかがすっきり」とった文句で
紹介されるお茶があります。。。


そうしたお茶の材料名には、
たいてい、キャンドルブッシュ、カッシア、センナといった
名前が挙がっています。


これらは強い下剤成分を含み、


飲むことで腹痛が起きたり、
むしろ便秘が悪化したりすることがありますので、
注意が必要です。


ティートックスは


飲んだ翌日するっと


といった即効性がある、というよりも、
しばらく続けることで、
だんだん、体が軽くなっていく


といったものと捉えた方がよいでしょう。



スポンサードリンク



ティートックスのダイエット効果とお茶の選び方は? まとめ


普段の食事に、お茶をプラスするだけの
ティートックスはとても簡単な
ダイエット法です。


あまり即効性を期待すると
1つの成分だけを摂りすぎたり


といったことも起こりがちなので、
じっくり継続してみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。