耳もみ やり方 効果

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ダイエット効果もある?耳もみのやり方とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

耳もみ ダイエット

「耳ツボ」はシールを貼ったりすることで
ダイエット効果がある、と言われていますが、


耳全体を柔らかくするように
もみほぐする「耳もみ」「耳ヨガ」にも
同じような効果があるとか。




耳を柔らかくするとよいのはどうして?


耳もみ、耳ヨガ、耳マッサージ、
などと言われますが、


どれも、耳たぶや耳介をひっぱったり問題して
柔らかくする方法です。


耳は多くのツボ、
反射区が集まっており、


耳をもんで柔らかくすることで
全身の血流が良くなり、


自律神経のバランスが整う、
とされてます。


ダイエットに効果があるといわれているのは

1.自律神経のバランスが整い、
食欲をコントロールしやすくなるため


2.耳にある内蔵の反射区が刺激されて
内蔵の機能が活性化され、
代謝が良くなるため


だそう。


耳もみのやり方


大まかには、


耳の上の方:肢


耳の真ん中の方:内蔵、肩、腰


耳の下(耳たぶ):首、頭部


に当たるとされています。


耳もみのやり方は


1.耳の中部をもむ。このとき耳の穴に近いところも指で挟んでもむ。


2.耳の中部を引っ張る


3.耳の上部をもむ


4.耳の上部を上に引っ張る


5.耳の下部(耳たぶ)をもむ


6.耳たぶを下に引っ張る


7.耳全体を指で挟んで上下に擦る


といった手順でやります。


他にも、


耳の中央にある軟骨を人差し指で
押し込むようにして左右に擦ったり、


耳を折るようにしたり
軽く捩じったりして、


耳の固くなっているところをほぐしましょう。

耳もみ やり方 効果

耳もみの注意点


耳もみは、耳全体を
気持ちが良い強さで引っ張ったり、
もんだりするだけでOKです。


あまりにも強く引っ張ると
耳の中が痛く感じますが、


それで外耳炎になるほど引っ張る方は
まず、いないのではないかと思います。


多くのマッサージや運動、ヨガが
そうであるように、


耳もみ(耳ヨガ)も食後30分間くらいは
やらないようにしたほうがよいです。



食後は胃腸に血液が集中しているので、
他の部分への血行を促すようなことをすると
消化は吸収をよくなくなったりするためです。


また妊娠中の方、
病気治療中の方は避けてください。


スポンサードリンク



ダイエット効果もある?耳もみのやり方とは? まとめ


耳もみは、服を着がえたりせず、
座ったままでできるので、


手軽に行うことができます。


肩こりや首のコリなどには
比較的すぐに効果を実感できると思いますが、


ダイエット効果を出すには、
継続して行うことが必要です。


食欲を抑えるには、
食事の15~20分くらい前に行うようにしましょう。




スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント