ダイエット 外食

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ダイエット中の外食は「焼鳥屋」がおすすめ?

読了までの目安時間:約 4分

 

焼き鳥ダイエット

from: 小西はるか
@青山のスタバ

ダイエット中の外食、
お店を選べるなら「焼鳥屋」がいいですよ。



ダイエット中の外食で注意したい点


こんにちは。


薄着の季節だからか、
雑誌などでも、


外食やコンビニごはんでダイエットできる


みたいな特集が目につきますね。


ダイエット=外食をしてはいけない、
控えなくてはいけないと考えがちです。


でも実は外食自体がよくないのではなく、
外食の定番だったり、ありがちなメニューが、
ダイエットに「やや」よくないのです。


あとは量ですね。


外食の一皿の量は、その人が食べるのに適切な量、
ではなく、
お店がその値段で売りたい量


ですから。


「ややよくない」ところを知って、
頻度を減らしたりメニューを選べば、
ダイエットしながらも外食OKなのです。


同じ鶏肉料理でもファミレスと焼鳥の違いは?


例えばファミレスやイタリアンでチキンソテーを頼むとします。
味つけやつけ合わせで大きく変わってきますが、
某ファミレスのチキンチーズ焼きは567キロカロリーです。


これにライスやパン、ドリンクをつけると
簡単に1,000キロカロリーをオーバーします。


でも同じ鶏料理でも、焼鳥を選ぶと某チェーン焼鳥店の
おおぶりなもも焼きで290キロカロリー、
ささみや砂肝だと100キロカロリー前後とヘルシーです。


これは同じ鳥料理でも、炭火でじっくり焼くので余計な脂が落ちるうえに、
脂分と塩分が高くなる原因であるソースがかかっておらず、
ポテトなどのつけ合わせがないからです。


焼鳥だけでもかなり満足感がありますが、
何かもう1品欲しいときもサラダやきゅうり漬けなどを選べば
カロリーも低いですし、ビタミンやカリウムもバランスよく摂取できます。


飲みながらつまむものもフライドポテトや軟骨からあげは避けて、
枝豆やキャベツにすれば大丈夫。


ちなみに、ポテトサラダは、マヨネーズのカロリーが多いですが、
冷たくなったジャガイモはレジスタンススターチが多く、
余分な脂肪の排出や、腸内環境改善の働きをするので、


量を加減すれば食べてもOKです。


焼鳥屋さんはキャベツお代わり自由なところが多いのも、
ダイエット中の体と心だけではなくお財布にもやさしいのが
嬉しいですね。



スポンサードリンク




ダイエット中の外食は「焼鳥屋」がおすすめ?まとめ


焼鳥屋さんはダイエッターの味方でもあったのですね。
一人で定食タイプの食事をする以外に、


ちょっと友達と会社の帰りに寄りたい、という時には
焼鳥がおすすめです。


ファミレスの場合は、洋食っぽい味付けのものが多いので
鶏料理でもチーズ焼き、などがありますが、
ファミレスのメリットは、メニューにカロリーが書かれていることです。


もし、ファミレスで食事をする場合は、
大根おろしを使ったり、和風の味付けになっているなど、
カロリーが押さえられているものを選び、


フライドポテトやパン、ご飯の量は控えましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント