ピーナッツ ニキビ ダイエット

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ダイエット中でもOK。ピーナッツの美容効果とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

ピーナッツ ダイエット

ピーナッツは脂肪分が多いために
ニキビの元、ダイエットにはNG、という
イメージがありますが、


実は美容・ダイエット向き・・・?



ピーナッツはホントにニキビの原因?


脂質の多い食品は、
皮脂の過剰な分泌をうながし
ニキビの原因となる、とされます。


ピーナッツがニキビの原因、
といわれるのも、
ピーナッツには脂肪分が多いためです。


ニキビの原因となるのは、
バターや肉の脂肪などの動物性脂肪に含まれる
飽和脂肪酸。


飽和脂肪酸は、
性ホルモンに作用して男性ホルモン分泌を高め、
皮脂分泌を促します。


ピーナッツに含まれている脂肪は、
悪玉コレステロールだけを下げるオレイン酸が60%、
必須脂肪酸のリノール酸が40%。



また、脂肪酸の分解に必要なビタミンB群も
ピーナッツには含まれていますので、


その点でも、直接ニキビの原因となる可能性は
低いです。


もちろん、良質な植物性脂肪であっても
摂りすぎは体のバランスを崩すことに
なります。

ピーナッツ ダイエット

ピーナッツは美肌に良い?


ピーナッツには、高い抗酸化作用を持つ
ビタミンEが多く含まれています。


ビタミンEには、酸化や老化から細胞を守り
アンチエイジングの効果があります。


また、末梢血管を広げ血行を良くする働きもあり、
頭痛、肩こり、冷え性等の症状を改善したり、


代謝を上げてダイエット効率をアップする
効果も期待できます。


ピーナッツのダイエット効果とは?


ピーナッツにはビタミンB群
(ビタミンB1・B6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸)が
豊富です。


これらのビタミンB群は、
食べたものに含まれる
糖質、脂質、たんぱく質の代謝を助け、


効率よくエネルギーに代えてくれます。


また、ピーナッツ自体にも
たんぱく質の豊富に含まれており、


糖質や脂質の吸収を抑える作用や、
血糖値の上昇を抑える作用、
腸内環境を整える不溶性食物繊維は、


同じ量のごぼうの約2倍含まれています。


意外にも
ダイエット向きの食べものなんですね。


ピーナッツバターでもOK


ピーナッツバターも
糖分を加えていないタイプなら、


ピーナッツそのものと同じような
効果があるため、


パンに塗ったり、
野菜のディップに使ったり、
と活用できます。


一方で、


ピーナッツを買うときには、
油分や塩分が加えられていない
素焼きのものを選ぶようにしましょう。



スポンサードリンク



ダイエット中でもOK。ピーナッツの美容効果とは? まとめ


ピーナッツは、


脂質が全成分の半分を占めるため、
美容やダイエットにはNG、というイメージが
ありますが、


含まれている脂質は
オリーブやアボカドとおなじ
オレイン酸など。


代謝をアップする栄養分や
食物繊維も豊富なので、


適量であれば
美容にも、ダイエットにも
マル、な食品です。


ナッツの状態で食べる場合は
1日25gくらいが目安。


間食などに活用してみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント