クルミ 適量

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ダイエットの味方のクルミ、どれくらい食べればいいの?

読了までの目安時間:約 5分

 

くるみ適量

from: 小西はるか
@自宅リビング

オメガ3が豊富で美容・ダイエット効果が高い
クルミ、どれくらい食べるのがいいの?



おはようございます。


ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントの
エリカアンギャルさんも、


美しくなる食べ物として薦めている「クルミ」。


最近はコンビにでも少量パックのクルミを売っていますし、
スナック菓子よりはいいかな、とおやつに選ぶこともありますが、


ナッツですからカロリーも気になりますよね。


クルミってどれくらい食べるのがいいんでしょうか。


クルミの美容・ダイエット効果とは?


クルミの栄養のなかで、
特に高いものは、
マンガン、銅、マグネシウム、ビタミンB6です。


そして、


クルミにはオメガ3系脂肪酸(αリノレン酸)が豊富に含まれているいることが
クルミがダイエットによい、
と注目される理由です


オメガ3系脂肪酸には、血中脂肪濃度を下げる働きや、
代謝を活発にして体に付いている脂肪を燃焼しやすくする効果がありますので、
ダイエット中は積極的に摂りたい成分ですね。


オメガ3は青魚、亜麻仁油にも多いのですが、
魚を毎日たくさん食べるのは大変ですし
(選べるときには積極的に選びたい食材ですが)


オメガ3は、油のかたちになっているととても酸化しやすく
加熱にも弱いので、


亜麻仁油は、開封したら冷蔵庫保存、3週間程度で使い切る、
といったように、扱いがちょっと面倒なのです。


その点、ナッツであるクルミは、保管に油ほど神経質にならなくても
大丈夫ですし(でも開封したらできるだけ早く食べたほうがいいです)、
料理しなくてもそのまま食べられます。


そのほかクルミには
糖質の代謝に必要なビタミンB群、


健康的な細胞の生成に欠かせない葉酸、
ダイエット中に不足しがちな各種アミノ酸がバランスよく含まれているため、
ダイエットをサポートしてくれるといわれています。





クルミの適切な量とは?


クルミは脂質を大変多く含み、100gで674kcalと非常に高カロリーです。
ダイエット効果があるとして注目されているクルミは、
食べ方次第では逆に太ってしまうこともあるので注意が必要です。


ダイエット効果の高いオメガ3系脂肪酸を多く含んではいますが、


同時にオメガ6系脂肪酸(リノール酸)も非常に多く含んでいますので、
食べ過ぎるとカロリーのとりすぎになってしまうばかりか、
善玉コレステロールも減らしてしまうことになります。


スポンサードリンク



ですから食べすぎは禁物で、


1日の摂取の目安としては、
28g~42g程度が良いとされています。


ご飯1膳分160gで269kcalですので、クルミ40gとカロリーとしては同じくらいです。
ご飯よりも栄養バランスの良いクルミを朝食として40g程食べるか、


ケーキやスナック類の間食を止めて、
代わりにクルミを食べると良いかも知れませんね。


エリカ・アンギャルさんは、
1日7個のクルミが美人をつくる、
と言っています。


ダイエットの味方のクルミ、どれくらい食べればいいの?まとめ


特にダイエット中は栄養が偏りがちですので、


食べ過ぎにさえ注意をすれば、
不足しがちなビタミンやミネラルを豊富に含むクルミは、
ダイエットの強い味方になってくれます。


クルミには肌荒れや貧血や便秘解消に効果のある、
鉄や亜鉛やマグネシウムや葉酸も含まれています。


適量を守り、クルミの栄養価を味方につけて、
健康的なダイエットを行いたいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント