ニラ 栄養効果 ダイエット

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ダイエットに効く・ニラの栄養効果とニラダレレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

ニラ 栄養効果 ダイエット

日持ちしないニラは
残ったらニラダレにしておくと便利。

食べ合わせで、代謝をアップできる
タレです。



ニラの栄養効果


ニラは、玉葱やニンニクなどの他のユリ科の野菜と
同じように、
硫化アリル、という成分を含んでいます。


硫化アリルは
ユリ科植物特有のにおいのもとで
食べると体内でアリシンに変わります。


アリシンはビタミンB1と結合して
アリアチミンとなり、
ビタミンB1の吸収率が高くなります。


ビタミンB1は糖質をエネルギーに代える
働きをするので、


ニラとビタミンB1をいっしょに取ると、
糖質がエネルギーに変わりやすくなって、


代謝アップ、疲労回復
の効果があります。


ダイエットレシピ ニラ

ニラダレの作り方


【材料】

作りやすい分量

  • ニラ 1束(約100g)

  • 醤油 150cc

  • みりん 50cc

  • 胡麻油 大さじ1

  • 生姜すりおろし 小さじ1

  • 鷹の爪 1本


※量は目安なので、ニラの量や好みで
加減してください。


【作り方】

1.みりんを煮切ります。

手がついたステンレス製の計量カップなどの
ごく小さな鍋に入れてコンロの火にかけ、
一煮立ちさせる、


あるいは、


耐熱容器に入れてラップをかけ
600wの電子レンジで1分加熱します。


2.醤油、煮切ったみりん、おろし生姜、
鷹の爪を合わせておきます。


3.ニラを洗ってしっかり水気をふき取り、
細かいみじん切りにして
保存容器に入れます。


4.2で合わせた調味料を注ぎます。


冷蔵庫で半日以上置くと味がなじんで食べられます。
一ヶ月くらい冷蔵庫で保存できます。


ダイエットに効く、ニラダレの使い方


ニラとビタミンB1を
一緒に摂ることが
代謝アップ、疲労回復のポイントなので、


ニラダレは


ビタミンB1を多く含む豚肉


に使うのが一番効果的。


  • 豚しゃぶのタレ

  • 豚肉ともやし炒めの仕上げとして加える

  • 豚ひき肉を使った餃子のタレ



などに使うのが
相性がよいです。


また、豚肉ほどではありませんが、
大豆や卵にもビタミンB1が含まれています。

そこで、


冷ややっこに掛けたり、
卵かけご飯の醤油代わりに使ったり、


といった使い方もいいですよ。


スポンサードリンク



ダイエットに効く・ニラの栄養効果とニラダレレシピ まとめ


ニラの代謝を促す・疲労回復効果は、
ビタミンB1と一緒に摂ったときに
発揮されるので、


ニラだけを食べるのではなく、
ニラと豚肉などのビタミンB1を含む
食品を一緒に食べるのが○です。


もちろん、豚肉とニラを炒める、
といった使い方でよいのですが、


ニラダレは、みりんを煮切る他は、
ニラを切って他の材料を混ぜるだけで
でき、保存もできますので


ぜひ試してみてください。



スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント