タイガーナッツ 効果 食べ方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

タイガーナッツのダイエット効果、効果的な食べ方とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

タイガーナッツ 効果 食べ方

2016年になってから注目されている
新スーパーフード、
タイガーナッツの効果的な食べ方をご紹介します!



タイガーナッツとは?


タイガーナッツは、ナッツという名前がついていますが、
北アフリカ原産のカヤツリグサという植物の地下茎です。


タイガーナッツはジャガイモの仲間、としている
情報もありましたが、


カヤツリグサはイネの仲間なので、
ナス科のジャガイモとは違う種類の植物です。


「地下茎である」というところは
共通ですね。


タイガーナッツは4000年前のエジプトの石棺からも
発見されており、


ヨーロッパでは600年ほど前から食べられています。


スペインでは、
タイガーナッツ(キハマスゲ、チュファ)を
すりつぶした絞汁にはちみつで甘みを付けた


オルチャータ・デ・チュファ(horchata de ohufa)
が愛飲されています。

タイガーナッツ 効果 食べ方

タイガーナッツの栄養分は?


タイガーナッツには
食物繊維とビタミンEが特に豊富です。



1日に25gのアーモンドを食べると
ビタミンEによるアンチエイジング効果が期待できる
と言われていますが、


タイガーナッツには、アーモンドの2.5倍以上のビタミンEが
含まれています。


また食物繊維はアーモンドの3倍以上です。


アーモンドの同じような効果を得るためには、
1日にタイガーナッツ10g程度でよい、
ということになりますよね。


タイガーナッツのダイエット効果とは?


タイガーナッツには食物繊維が豊富なので、
食事の前に食べると


血糖値の上昇を防ぐことができます。


血糖値が上がるとインスリンというホルモンが
分泌されて
血糖値を下げますが、


インスリンには脂肪をためる、という作用もあるので、
食事による血糖値の上昇をできるだけ
穏やかにすることがダイエットのカギなんです。


また、食物繊維は
余分な糖分や脂肪の吸収も抑えてくれます。


タイガーナッツには糖質が多い?


タイガーナッツは地下茎ですから、
その植物の成長にとって必要な栄養素である
糖分を蓄えています。


ですが、タイガーナッツの糖分は、
難消化性でんぷん、
と言われる、タイプです。



小腸で消化吸収されず
直接大腸まで運ばれていきますので、
腸内環境を整える効果もあります。


おすすめの食べ方


食物繊維の効果を生かすには、


食前に8個くらいのタイガーナッツを食べるのが
お勧めです。



1日の摂取量の目安は10g程度。


オルチャータ(ベジタブルミルク)の作り方


【材料】
  • 1人分

  • タイガーナッツ 50g

  • 水 200ml



【作り方】

1.タイガーナッツを一晩水に浸し、
柔らかくしておきます。


2.水を吸って柔らかくなったタイガーナッツを
浸していた水と一緒にミキサーにかけます。

ここでしっかり粉砕しておくのがコツです。

3. ボールにチーズクロス(ガーゼ)をかけて
細かくなったタイガーナッツを
その上に開けます。


4.3をぎゅーっと絞ります。


好みではちみつで甘みをつけて飲みます。


残ったタイガーナッツの搾りかすは
食物繊維がたっぷりなので、
クッキーやマフィンなどに混ぜ込んで使いましょう。


スポンサードリンク




タイガーナッツのダイエット効果、効果的な食べ方とは? まとめ


道端ジェシカさんや
前田敦子さんもはまっている、という
スーパーフード、タイガーナッツは、


手軽に食べることができて、
ビタミンEと食物繊維が豊富、


美容、ダイエット効果が期待できます。


難点、というと、
100g800円程度、とお値段が少々高いことでしょうか。


オルチャータにすると1回で50g使ってしまいますよね。


日本でもっと普及すると
お値段も手ごろになるかも知れませんね!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント