ゴールデンベリー 効果

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ゴールデンベリーのダイエット効果や食べ方は?

読了までの目安時間:約 4分

 

ゴールデンベリー 栄養 効果

美容効果やダイエット効果で注目されている
ゴールデンベリーってどんなもの?





ゴールデンベリーとは?


ゴールデンベリーは、
南米ペルー原産の植物で、
食用のほおずきの一種です。



インカベリーともよばれます。


夏祭りの縁日などでよく見る、日本のほおずきは
観賞用で、ゴールデンベリーは、それとは
違う種類のもの。


主に、ドライフルーツにして食べられています。


ゴールデンベリーに含まれる栄養は?



ゴールデンベリーは、
血液を作るために欠かせない鉄分の他、


ビタミンE、
ファイトケミカルの一種フラボノイド、
β-カロテンといった、


抗酸化作用を持つ栄養成分を多く含みます。


ゴールデンベリーに含まれる栄養成分で
特に注目されているのは
イノシトールです。



イノシトールは、以前はビタミンBの一種と
考えられていましたが、


現在ではビタミンと似たような作用をするもの
(ビタミン様物質)とされています。


イノシトールは
血液中の脂質(コレステロール)を減らして、
血液をサラサラにし、


体内に蓄積される脂肪を減らして
ダイエットをサポートしてくれる、
と考えられています。


他にも、
ミネラル、アミノ酸、食物繊維などの
栄養を含んでいます。

ゴールデンベリー 栄養 効果

ゴールデンベリーの食べ方


レストランでは前菜や料理のつけあわせに
生の食用ほおずきを使っていることがありますが、


身近なスーパーマーケットの野菜売り場や果物売り場で
生のゴールデンベリーを売っていることは
あまりありません。


毎日のダイエットや美容のケアのために
ゴールデンベリーを取り入れるなら、


日持ちがして通販などでも取り扱われている
ドライフルーツを利用するのがよいでしょう。



他のドライフルーツのように
ヨーグルトのトッピングにしたり、


ナッツ類とともに間食の代わりにしたり、


サラダのトッピング、


刻んで少量の水で煮て、
肉料理のソースに、
などの食べ方がおすすめです


ただし、ドライフルーツは
乾燥して水分が少ないため、
重さのわりに糖の量が多くカロリーも高めなので


食べ過ぎには注意してください。



スポンサードリンク



ゴールデンベリーのダイエット効果や食べ方は? まとめ


最近、テレビ番組で取り上げられたり、
海外セレブが美容・ダイエットのために
取り入れている、ということで


少しずつメジャーになってきている
ゴールデンベリー。


あくまでの食べ物なので、
効果を得るには、
少しずつでも継続すること。


ドライフルーツは、
ヨーグルトに入れて手軽に食べることが
できるので続けやすそうですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。