ココナッツミルク ダイエット 失敗

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ココナッツミルク・ココナッツオイルのダイエットで失敗しないためには?

読了までの目安時間:約 6分

 

ココナッツミルクダイエット失敗

From: 小西はるか
@羽田空港のスタバ

ココナッツミルクダイエットの落とし穴とは?





こんにちは。


ココナッツミルクは高カロリーだから・・・
と避けなくても


むしろダイエットによい、
ということが朝の記事でわかって


タイ料理好きの私としてはうれしいんですけれど、


どうしてココナッツミルク・ココナッツオイルに含まれる、
中鎖脂肪酸はダイエットにいいのか、
について


もう少し調べてみました。


すると、


ココナッツミルクやココナッツオイルのダイエット効果が
出ずらい(つまりは、失敗しやすい)
落とし穴、があることが分かったんです。


ココナッツミルク・ココナッツオイルのダイエット効果とは?


ココナッツミルク・ココナッツオイルの脂肪分は、
飽和脂肪酸といって、常温で固まっているタイプの油です。


その点では
ラードやバターと同じです。


これまでのイメージでは飽和脂肪酸はとりすぎないほうがいい
というものだったのですが、


ココナッツの飽和脂肪酸は、中鎖脂肪酸というものです。


この中鎖脂肪酸は、体内に入ると、
ブドウ糖に代わるエネルギー原因であるケトン体の生成を
うながす働きがあります。


ケトン体は、炭水化物などに含まれるブドウ糖をすべて使い切ったときに
脂質が分解されることで出てくるものです。


糖質制限食、炭水化物抜きダイエットでは、
炭水化物をほとんど取らないことでケトン体を使うようにしています。


それによって、体の中の脂肪がどんどん使われるわけですね。


中鎖脂肪酸は、そうしたブドウ糖の代替に使われるケトン体に代わってしまうので、エネルギーとして燃焼されやすく
体脂肪としてたまりにくいのです。


さらに、ケトン体が出ているときには食欲が抑えられ、
食べ過ぎを抑制することができるのです。


ココナッツミルク・ココナッツオイルのその他のダイエット効果


また、ココナッツミルクには利尿作用もあり、
女性の大敵であるむくみを撃退することも出来ます


ココナッツミルクには、美容効果も多く含まれており、
肌や髪に塗り込むことで潤いを与えることができます。


フェイスパックにココナッツミルクを含ませて使用すると、
保湿効果によるアンチエイジングも期待できます。


このようにココナッツミルクは、
女性にとって美しくスリムな体を手に入れることができる
食材なんですね。





ココナッツミルクでダイエットするときの注意点


まず、ココナッツミルクのケトン体を増やす作用をダイエットにいかすには、
糖質(炭水化物)の量を減らす必要があります


一番エネルギー源になりやすいブドウ糖が
血中に少ない状態であってこそ、
ケトン体の作用が生きるわけです。


知り合いの、ボディトレーナーの方も、


普通にパンやご飯食べていて、
ココナッツオイル・ミルクとを摂るのは、
ダイエットにはあまり効果的ではないかも、


という意見でした。


それから、タイミングも大切です。
ダイエットに効果的に生かすには
食前や運動前にココナッツミルクを飲む(食べる)のがよいそうです。


そして、ココナッツミルクの選び方。


ココナッツミルクは、本来そこまで甘い飲み物ではなく、
ほのかな甘みを感じられる程度のものです。


コンビニエンスストアやスーパーマーケットで気軽に手に入れることができる
ココナッツミルクには、飲みやすいように
多くの糖分が含まれている可能性があります。


ダイエットを目的としてココナッツミルクを購入するときには、
砂糖、果糖、ブドウ糖などが入っていないかどうかを
確認するようにしましょう。


スポンサードリンク



また、甘味料が含まれていないココナッツミルクの場合、
飲みにくいと感じる人もいるかもしれません。
その場合、スムージーに混ぜるのが一番のみやすそうです。


ココナッツミルク・ココナッツオイルのダイエット効果の鍵は「ケトン体」まとめ


まとめると


ココナッツミルク・ココナッツオイルでのダイエットの鍵は
中鎖脂肪段によって、体内の脂肪がケトン体に変わって使われること。


そのためには、糖質をある程度制限することも必要


これまでのペースで、ご飯やパン、甘いものを食べながら
ココナッツミルクやココナッツオイルを摂っても


ダイエットできるというほどの
効果は実感しにくいかもしれません。


それでも中鎖脂肪酸自体が蓄積されにくいという特徴があるものなので


ココナッツミルクやココナッツオイルを
カロリーが高いから、と避けなくても
太りにくい、というものはありそうです。


参考にしてみてくださいね!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント