グリーンコーヒー ダイエット効果

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

グリーンコーヒーのダイエット効果とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

グリーンコーヒー ダイエット

海外ではセレブの間で人気になっている
グリーンコーヒーのダイエット効果とは?



グリーンコーヒーとは?


グリーンコーヒーは、
普通のコーヒーとは異なり
焙煎していない緑色の豆です。


グリーンコーヒーには、普通のコーヒーより、
植物性ポリフェノールである、クロロゲン酸が
多く、抗酸化作用が期待できます。



海外では、オーガニックショップなどで
売られており、グリーンコーヒーの成分を
使ったサプリメントも人気だそうです。


グリーンコーヒーの効果とは?


グリーンコーヒーは、
普通の焙煎したコーヒーとくらべ、


植物性ポリフェニールである
クロロゲンサンの量が
多いことが特徴です。


クロロゲン酸には、
体内で発生した活性酸素による
ダメージを防ぐ、抗酸化作用があります。


また、食後血糖値の上昇を抑制して
脂肪の蓄積を抑える作用があり、


ダイエットにも効果がある、と言われています。


グリーンコーヒーの飲み方と味は・・・?


グリーンコーヒーは粉に挽いた状態で
販売されているものを買いましょう。


生の豆はとても固く、自分で粉にするのは大変です。


また、生の豆のまま抽出するのは
長時間かかります。


粉になっていれば、
普通のコーヒーのように、フィルターにかけて
お湯を注いで抽出することができます。


最近は、ティーバックタイプで
お湯につけるだけで飲める、という手軽な
商品も出てきました。


また、クロロゲン酸は熱には強くないので、
せっかく、生のグリーンコーヒーを摂るのであれば、
非加熱の状態がベター。



少量をスムージーに混ぜる
サラダなどに振りかける、のがおすすめ。


気になる味ですが、


少なくとも、「コーヒー」とは全く違う味で
別の飲み物、と思った方がよさそう。


生なので、青臭さを感じる人もいるようですが、
馴れるとハマる、という声も。


どうしても飲みにくい、という人は


普通のコーヒーに少量のグリーンコーヒーを
混ぜてフィルターにかけたり
(加熱することにはなりますが)


また、伊藤園の「ヘルシアコーヒー」に
クロロゲン酸が配合されていますので、
そちらを試してみてもいいかもしれません。



スポンサードリンク



グリーンコーヒーのダイエット効果とは? まとめ


グリーンコーヒーには、
焙煎したコーヒーよりも多くの
クロロゲン酸が含まれています。


クロロゲン酸には、食後血糖値の上昇を抑える
作用があり脂肪の蓄積を防いでくれます。


ティーバックタイプをお湯に入れて
飲むのが簡単ですが、


ダイエット効果を高めるには
生のまま、スムージーに入れたり、
サラダに振りかけたりするのがおすすめです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。