むくみ 栄養

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

カリウムだけじゃないむくみを解消する3つの栄養とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

むくみ 栄養

女性はホルモンの影響、デスクワーク、
低気圧の影響などでむくみを感じることが
多いもの。


放置すると、ダイエットの大敵、
セルライトも増えてしまいます。


むくみを解消するために
意識して取りたい栄養とは?




むくみとは?


むくみとは、
細胞と細胞の間の水分が滞留している状態です。


なんらかの原因で、
水分や老廃物を排出する
リンパ、静脈の流れが停滞し、


体内にとどまってしまうのです。


むくみが慢性化すると、
セルライトが大きくなり、
さらに循環が悪くなって


ダイエットしてもなかなか効果が出ない
状態になってしまいます。


カリウムのむくみ解消効果とは?


むくみ解消と言えば、
まず、カリウムですが、


カリウムは、ナトリウムとともに働いて
細胞の外、内の水分の浸透圧を
調整しています。



またカリウムには、余分なナトリウムを
体外に排出する働きがあり、


ナトリウムの濃度が下がることによって
余分な水分が排出されて
むくみが解消します。


カリウムが多く含まれるのは、
野菜、魚介類、海藻類などです。


たんぱく質


なかなかむくみが解消しない、
という原因の一つに
たんぱく質の不足があります。


食べものから摂ったたんぱく質は、
肝臓でアルブミンというたんぱく質に変わります。


アルブミンには血液中の老廃物や余分な水分を運び
排出する、という働きがあるので、


材料になるたんぱく質が不足していると
この循環がうまく働かなくなり、
むくみが出てしまうのです。

むくみ解消 栄養

ビタミンB群


ビタミンB群は
食べものの糖質、脂質、たんぱく質の代謝に
かかせないビタミンです。


ビタミンB群が不足すると、
代謝が悪くなり、むくみやすくなります。


また、女性ホルモンの1つである
エストロゲンの分泌量が増える時期には


たんぱく質の代謝が促進されるので
特にビタミンB6が必要になります。


ビタミンB6が多い食べ物は
マグロ、カツオ、にんにく、ピスタチオなど。


ポリフェノール


植物の中に含まれる抗酸化物質である
ポリフェノールには
むくみを解消する効果もあります。


ポリフェノールには血液をサラサラにし
血行を良くする効果があるためです。


また活性酸素による血管の老化を防ぐ
作用もあります。


ポリフェノールは
ブルーベリー、ハイカカオチョコレート、
アボカド、赤ワインなどに多く含まれています。



スポンサードリンク



カリウムだけじゃないむくみを解消する3つの栄養とは? まとめ


血液やリンパの流れが
何らかの原因で滞っている
ことで起こるむくみの解消には


よく知られているカリウムの他、


たんぱく質、ビタミンB群(特にB6)、ポリフェノールが有効です。


マッサージやストレッチではなかなかむくみがよくならない、
という人、ぜひ試してみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。