ウォーキング ダイエット

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ウォーキング、どれくらい歩けばダイエット効果がある?朝、夜どちらがよい?

読了までの目安時間:約 5分

 

ウォーキング ダイエット

運動量を増やすために手軽に始めることができる
ウォーキングですが、

いったいどれくらい歩けば
ダイエット効果があるの?


ダイエットに効くタイミングは?


などをまとめました。



ウォーキングのメリットとは?



ウォーキングには


1.体への負担が少ない

ウォーキングは、


ランニングや
エアロビクスエクササイズなどと比べ、


膝関節や、循環器系などへの負担が少ない
運動です



ランキングなど、上下の衝撃が大きい運動は、
女性の場合、バストを支える靭帯が伸びたり
切れたりして、バストが垂れてしまう、


というリスクがありますが(ですから、
行う場合はバストが揺れないように支える
スポーツ用ブラが必須です)


ウォーキングではそうした心配もありません。

ウォーキング ダイエット

2.特別な道具が要らない

歩きやすい靴を履くことは必要ですが、


ウォーキングは通勤の途中に
バス利用をやめたり、
一駅手間で降りたりして


日常生活の中で行うことができます。


ですから、特別な道具や服装が要りません。


3.辛くない


強度の強い運動ではなく
自分のペースで行うことができるので、
辛さがありません。


また、エアロビなどと違い
エクササイズの手順を覚える必要がありません。


どれくらい歩けばいいの?


ウォーキングのような負荷が低い
有酸素運動の場合、


運動を始めてから20分~30分で、
脂肪が燃焼しだすと一般的にいわれています。


普通のペースで歩いて、30分で3000歩くらい
になりますので、


万歩計を使うなら、
3000歩から初めて、5000歩、10000歩まで
増やしていきましょう。


朝と夜ではどちらがよい?


通勤中にウォーキングするなら、


朝出かける時、
夜帰宅する時


どちらのほうがダイエットには効果的
なのでしょうか?


体温が下がっている朝、ウォーキングをして
体温を上げると、


その後の日中の、日常の動作でも
脂肪燃焼効果が期待できるようになります。


また、夕方から夜にウォーキングすると
睡眠の質が上がり、


睡眠中に成長ホルモンがスムーズに働いて
代謝アップが期待できます。


ダイエットには、どちらが絶対、
ということはありませんので、


ライフスタイルによって
朝、夜を決めても良いでしょう。


ウォーキングのデメリットとは?


ウォーキングは、大雨や強風などの天候状態が
悪いときにはやりにくいもの。


季節によっては、
1週間ほどウォーキングに行かれなかった


ということも十分にあり得ます。


そのまま、ダラダラとやめてしまう
ということになりがちなので、


天気が悪くてウォーキングをお休みしたら
これをやる


という代わりの運動を決めておくといいですね。


たとえば、


ラジオ体操を行う、


といった簡単なものでOKです。
ダイエット目的で行う場合は、
2回繰り返すとよいそうです。



スポンサードリンク



ウォーキング、どれくらい歩けばダイエット効果がある?朝、夜どちらがよい? まとめ


手軽に始めることができる運動習慣
ウォーキングですが、


ダイエットのためであれば


3000歩(30分)~を目安に
行いましょう。


朝と夜では
効果が違いますが、


どちらにもそれぞれメリットがあります。


また、外を歩くウォーキングは、
天候不順でできなくなってしまう
ことも多いので、


ウォーキングをしない日の
代わりのエクササイズも決めておくといいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。