アーモンド ハチミツ漬け 効果

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

アーモンドを食べるならハチミツ漬けがおすすめ

読了までの目安時間:約 4分

 

アーモンド ハチミツ漬け


脂肪分が多い、ニキビの原因、などの
イメージがあったナッツですが、


最近では、ビタミンやミネラル、良質の脂肪酸で
美容や、ダイエットにもよい、と人気です。


ナッツの中でも抗酸化作用が高く、食べるサプリと言われる
アーモンドをより効果的に食べる「ハチミツ漬け」とは?



アーモンドの栄養って?


アーモンドに含まれる主な脂質は
オレイン酸(オメガ9系)です。


オレイン酸には、悪玉コレステロールを減らす作用があり、


また、小腸ではあまり吸収されずに
大腸に届くため、体に脂肪として蓄積されにくく、
お通じをよくする効果もあるとされてます。


アーモンドには、細胞や血管の酸化を防ぐ抗酸化作用がある
ビタミンEが多く含まれていて
アンチエイジング効果が期待できます。


ハチミツ漬けがおすすめの理由


アーモンドは、素焼きのものを
そのまま、1日25g程度食べるだけでも
よいのですが、


さらにおすすめの食べ方がハチミツ漬けにして
食べることです。


アーモンドには食物繊維が豊富で、100gあたり11g、と
ごぼうの6.1gよりも多く含まれています。


1日に25g程度食べるのが適当、
とされていますので、
1日で2.5gの食物繊維を摂ることができます。


一方で、アーモンドは
そのままでは消化はあまりよくありません。


1週間程度蜂ハチミツに漬けこむことで
柔らかくなり、アーモンドの消化が助けられます。



また、ハチミツに漬けこむことで
アーモンドに豊富に含まれる脂肪分の
酸化を防ぐことができます。


アーモンドのハチミツ漬けの作り方


【材料】

作りやすい分量

  • アーモンド 100g

  • はちみつ 150g



【作り方】

1.アーモンドは
フライド(油で揚げたもの)、塩味がついているものではなく、
素焼きのものか、生のものを使います。


素焼きであればそのまま、
生のアーモンドは
160度のオーブンで7、8分ローストします。
焦がさないように注意。


2.漬けこむための瓶を煮沸消毒します。
煮沸消毒の仕方は
こちらを参照してください。 http://umamog.jp/?p=2729


3.煮沸消毒した瓶にアーモンドを入れ、ハチミツを
ひたひたになるように注ぎます。


4.蓋をしてそのまま1週間置けば完成です。
開封したら冷暗所で保存し、早めに食べきってください。


アーモンド ハチミツ漬け


ヨーグルトと一緒に食べると美容効果アップ


できあがったハチミツ漬けのアーモンドは
刻んでマスタードと混ぜて肉料理のソースにしたり、
パンケーキに添えたり、とさまざまな使い方があります。


美容・ダイエットにおすすめの食べ方は
ヨーグルトにトッピングすることです。


ハチミツに含まれるオリゴ糖、
アーモンドに含まれる食物繊維とマグネシウム、
ヨーグルトの乳酸菌



一緒に摂ることができるため、
腸内環境を整え、
便秘を解消します。



スポンサードリンク




アーモンドを食べるならハチミツ漬けがおすすめ まとめ


手に入りやすく、お値段も比較的手ごろです。


はちみつに漬けこむと消化が良くなり
オリゴ糖の作用でさらに整腸効果が高くなります。


あくまでも食べ物ですから、
効果を実感するには
少しずつ、ある程度の期間続けることが大切です。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント