アボカド カリウム L-カルチニン

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

アボガドはダイエットに効く!

読了までの目安時間:約 5分

 

アボカド ダイエット

from: 小西はるか
@自宅リビング

アボカドはダイエットにうれしい
成分がたくさん含まれた食材なんですね。。



アボカドの脂肪は太らない


という記事を書いたのですが、


オレイン酸(オリーブオイルと同じ)と中心にした
不飽和脂肪酸以外にも、
アボカドにはダイエットにうれしい成分がたくさん含まれています。


カリウムが豊富なアボカド


まず注目したいのは、アボカドには
カリウムが多く含まれていることです。


カリウムは、身体の中の余分な塩分(ナトリウム)を排出します。


これは、腎臓を通して尿として排出されたり、
皮膚を通して汗として排出されたりしますので
結果的にはむくみが解消されます。


カリウムには脂肪に燃焼させるようなダイエット効果はありませんが、
むくみが解消されるのですっきりします。





また、カリウムは体内を
アルカリ性に保つ働きをしてくれます。


食事や、間食などで摂りすぎた塩分が、
排出されされないでいると、身体は酸性となり、
その影響でイライラしたり、太りやすい体質になったりします。


アボガドを食べると、アルカリ性が保たれて、
血液の流れがサラサラになり、同時に太りにくい体質へと導いてくれます。


カリウムには、体内のさまざまな酵素を活性化させる働きがあり、
そのため、筋肉のエネルギー代謝や
神経伝達、筋肉の収縮をうながす作用をもたらす、


とされています。


メタボ解消成分L-カルニチンも含まれています


アボカドは脂肪燃焼に欠かせないL-カルニチンを含んでいます。


L-カルニチンは人間の体内に自然に作られるアミノ酸です。
食べ物では赤身の肉に多く含まれるのですが、


野菜の中では、ブロッコリーやアボカドがL-カルニチンが多い食品です。


このアミノ酸は身体の脂肪の新陳代謝を助け、
脂肪の減少を促します。


そして、筋肉細胞にエネルギーを作りだすのを増強させ、
脳内の血のめぐりを良くする働きもあります。


また、L-カルチニンは中性脂肪を減らし、
心臓を保護してくれる良性のコレステロールを増やしてくれるのです。


脳内での脂肪酸化を防ぐことで、
パーキンソン病やアルツハイマーにも効果があるといわれています。


アボカドの選び方


そんな、健康や美容効果に優れているアボガドですが、
おいしく効果的に食べるには、食べ頃を知らなければなりません。


アボガドの皮が緑色のときは、まだ中の実が固く未熟なので、
黒味がかったアボガドを選ぶようにします。
もし、買ったアボガドの皮が緑色ならば、完熟するまで待ちましょう。


それから、もうひとつ、とても大事なポイントがあるのですが、


アボカドの中には、脂肪の含有量が少ないものがある、
ということです。


よく知られているブランドでは、日本向けのアボカドは
脂肪20%以上をクリアしたものを出荷しているそうですが、


選び間違えると、
果肉がすじっぽく、スカスカ、という残念なものがあります


見分け方ですが、


完熟した状態で、
ヘタと皮の間に隙間が多いものは、
追熟している間に、脂肪分が少ないために乾燥して縮んだ、


ということなるそうです。


そこで、店ですでに皮が黒くなっているアボカドを買うときには、
ヘタと皮の間に隙間がないものがいいのですね。


また全体にしわっぽくなりすぎているものは、
追熟が進んでから時間がたちすぎていますので
避けましょう。


アボガドはダイエットに効く!まとめ


アボカドはオレイン酸のほかにも、


カリウム、
L-カルチニン、


といった、ダイエットにうれしい栄養成分が含まれています。


これまで、美容・ダイエット目的のスムージーなどのレシピに
アボカドが入っているのは


クリーミーな味のためだと思っていたのですが、


栄養面からもダイエットによい、ということが
分かりました。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿