ピタヤボウル 栄養

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

アサイーの次に来る?スーパーフルーツ「ピタヤ」とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

ピタヤ

from: 小西はるか
@自宅リビング

アサイーの次はこれ、と言われている
ピタヤをご紹介します!


スポンサードリンク



こんにちは。


ピタヤって聞いたことがありますか?
ドラゴンフルーツとも呼ばれているので、
それでピンとくる方も多いかもしれません。


ピタヤ(レッドドラゴンフルーツ)」とは
中米を原産地とするサボテン科の果物です
日本ではサボテンの果実自体、あまりなじみがありませんよね。


サボテンに果実がなるなんて知らない方も多いと思います。


20年ほど前に日本にも入ってきて、
国内では沖縄で90%以上が栽培されていますが、
都内のスーパーマーケットなどで売られているのはほとんど輸入品です。


ピタヤの栄養とは?


ピタヤには、鉄分や葉酸が豊富に含まれており、
貧血気味の女性や生理前などにもありがたいですね。


さらには食物繊維も豊富で、
なんとピタヤの食物繊維の量はバナナの65倍ほどにもなります


便秘解消、ダイエットに最適ですね。
まさに女性のためのフルーツといったところです。


他にもカルシウムやカロチン、各種ビタミンやミネラル、
ポリフェノールが含まれています。


特にレッドドラゴンフルーツは皮だけではなく、
中の果肉もピンクがかった濃い赤色をしています。


私は、中が白い果肉のドラゴンフルーツしか知りませんでしたが、
こんなのもあるんですね。


この赤い色を作っている「ベタシアニン」という成分は、
強い抗酸化作用をもったポリフェノールの1種です。


ですから、ピタヤはエイジングケアに効果的、
と注目をされています。


ダイエット、美白やシミ予防などのうれしい美容効果があるピタヤは
これからアサイーよりも注目度がアップするかもしれません。


ピタヤボウルって?


近頃ではピタヤを「ピタヤボウル」にして食べるのが
流行しているようです。




アサイーボウルはデパ地下や、ハワイアンのカフェなどでも
よく見ますが、


ピタヤボウルは、アサイーボウルと同じように、
レッドピタヤをピューレ状にし、
フルーツやグラノーラをトッピングして食べるのが定番です。


ドラゴンフルーツを食べるならぜひレッドドラゴンフルーツを選びたいところですが、
お店ではなかなか見かけなかったり、
生のピタヤはとても高かったりします。


そんなときに便利な
冷凍のピタヤのピューレも売られています。


板状に冷凍されているので、
冷凍庫から出したら
手でもむようにしてシャーベット状にしてボウルに入れ、


上に好みのトッピングをします。


レッドドラゴンフルーツは、甘みや香りに強い個性がないので、
甘さが物足りないな、という場合は、


バナナや、アガペーシロップなどをピタヤボウルにプラスすると
おいしくいただけます。




果肉の赤いピタヤは、天然色素として
染料や口紅などにも取り入れられているほどです。
衣服に付着してしまった場合は落ちにくいので注意が必要です。


また、ピタヤは南国のフルーツですので身体を冷やす作用もあります。
食べ過ぎに注意しましょう。


アサイーの次に来る?スーパーフルーツ「ピタヤ」とは?


葉酸、カリウム、繊維質などの美容によい栄養が豊富で、


特に抗酸化物質であるポリフェノールが豊富な
レッドドラゴンフルーツが、
これから美容のためのスーパーフルーツとしてさらに注目を集めそうです。


ピタヤボウルは、アサイーボウルと同じように、
手軽に朝食や軽食に、ピタヤを食べることができますが、


実は、日本では、今はまだお店で出しているところは
少ないのだとか。


でもハワイのカフェではかなり定番になってきている、
ということなので、日本でもこれから
メニューに入れるお店が増えていくのでは?


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント