らっきょう ダイエット効果

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

らっきょうのダイエット効果や食べ方は?

読了までの目安時間:約 4分

 

らっきょう ダイエット効果

らっきょうのダイエット効果や
「カレーに添える漬物」以外のおいしい食べ方に
ついてまとめました。



らっきょうのダイエット効果とは?


らっきょうは玉ねぎ、ネギ、ニラなどと同じ
ユリ科の植物です。


らっきょうにはフルクタンという
水溶性食物繊維が
多く含まれています



フルクタンには、腸内で糖質の吸収を抑え、
食後血糖値の急上昇を防いだり、


脂肪の吸収を抑えたり、
コレステロールを吸着して排出する働きがあります。


また、腸内細菌がフルクタンを食べると
短鎖脂肪酸が発生します。


短鎖脂肪酸が腸内で増えると
食欲が抑えられる、
脂肪の蓄積を防ぐ、という効果があるそうです。


1日に食べる量の目安


らっきょうを食べる量の目安は
1日に5粒程度。


食べ過ぎると胃があれる、ガスが出る、
とされるのは、
らっきょうに含まれる硫化アリルの作用です。


胃もたれ、下痢を起こすこともあります。


一度にたくさん食べればより効果がある、
というものではないので、


1日に3~5粒を継続して食べるようにしましょう。

らっきょう ダイエット効果

らっきょうそぼろのレシピ


水溶性食物繊維が豊富ならっきょうに
発酵食品の納豆を組み合わせます。


【材料】
1人分

  • らっきょう甘酢漬け 50g(小さい粒で10~12粒)

  • 牛ひき肉 75g

  • しょうゆ 大さじ1

  • 砂糖 大さじ1

  • 胡麻油 小さじ1

  • 納豆



【作り方】

1.らっきょうをみじん切りにします。


2.フライパンにごま油をしき
中火にかけて牛ひき肉を炒め、
しょうゆと砂糖で味付けをします。


3.らっきょうのみじん切りを入れてさらに炒めます。


4.火を止めて、納豆を入れて全体を混ぜたらできあがりです。


できたそぼろは、
ごはん、冷ややっこにに乗せたり
レタスに包んだりしていただきます。



スポンサードリンク



らっきょうのダイエット効果や食べ方は? まとめ


らっきょうにはフルクタンという水溶性食物繊維が
豊富です。

ふるくたんは糖質や脂質の吸収を抑え、


また、腸内細菌がフルクタンを食べると
短鎖脂肪酸が増え、


短鎖脂肪酸の作用で
食欲が抑えられたり、
脂肪がたまりにくくなったり、という効果も期待できます。


カレーの時しか食べない、
というのはもったいないですね。


らっきょうをそのまま食べるのは苦手、
という方も、


ご紹介したように刻んで、
そぼろに入れたり、


ドレッシングに入れたりすると食べやすくなります。


ただし、らっきょうは
ユリ科の野菜に多い硫化アリルを含みますので、
食べ過ぎで消化器があれることがありますから
注意してください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント