もち麦ダイエット デブ菌

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

もち麦でダイエット!腸内のデブ菌を減らして痩せ体質になる効果とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

もち麦ダイエット

小西 はるか
@自宅リビング

腸内のデブ菌を減らし、
ヤセ菌を増やしてダイエットできる、
というもち麦の効果をご紹介します!




腸内細菌で太りやすい体質に


お通じの調子だけではなく、
アレルギーや美肌など体の状態に大きく影響している、
と言われる腸内細菌叢。


腸内細菌の状態によって、
太りやすい、やせやすい、という体質も左右されるのだそうです。


約3万種類、1000兆個いると言われる人の腸内細菌は、


バクテロイデーテス
ファーミキューテス
アクチノバクテリア
プロテオバクテリア



という4つの門に分けられます。
(門は種類をグループ分けしたものです)


このうち、バクテロイデーテスという門がヤセ菌、
ファーミキューテスという門がデブ菌だといわれています。


アメリカ・ワシントン大学のマウスについての研究で、
肥満のマウスは、腸内にバクテロイデーテスが少なく、
ファーミキューテスが多い傾向があることや、


無菌のマウスに他のマウスの腸内細菌を移植する実験では、

肥満マウスの腸内細菌を移植する:体脂肪47%増
痩せたマウスの腸内細菌を移植する:体脂肪27%増


という結果になりました。


この研究結果が発表されると、
世界中で、腸内細菌と肥満についての関係に
注目が集まるようになりました。


腸内のデブ菌を減らすには?


現在、人間もマウスのように腸内細菌を移植して
腸内細菌叢を変える研究が進まられていますが、
実用化するのはまださきのようです。


ですが、デブ菌は食べるものを変えると減らすことができます。
つまり、痩せ体質になることができるんですね。


デブ菌を減らして痩せ体質になる食事のポイントの一つは、
水溶性食物繊維を摂ることです。


水溶性食物繊維は、野菜、果物、海藻などに多く含まれていますが、
穀物では、もち麦がダントツです。


水溶性食物繊維が多い、と言われている押し麦(大麦をつぶしたもの)が
100g中6.3gの水溶性食物繊維を含んでいるのに対して、もち麦は9gです。


水溶性食物繊維の主な成分であるβグルカンは糖質や脂質の吸収を抑制し、
腸内では腸内細菌のエサとなって腸内環境を整える作用があります。


もち麦ダイエット

ですから、もち麦を食べると


食べたものの糖質・脂質の吸収が抑えられる
腸内のデブ菌を減らす



という2つの効果でダイエットができるんです。


もち麦入りご飯の炊き方



もち麦はご飯と一緒に炊き、主食に取り入れると自然と続けることができます。
効果があって食べやすいのは
もち麦:白米を1:1の比率にすることです。


【もち麦ごはんの炊き方】

1.お米1合を洗ってザルに上げます。もち麦は洗いません。


2.炊飯器の内釜に1の米を入れて、まず1合分の水加減をします。


3.2にもち麦を入れて水2合を加えます。


4.普通に炊きます。


もち麦1合に対して水2合が必要です。
これは炊く量を増やしたときにも
守るようにしてください。


もち麦ダイエットでは、
このようにして炊いたもち麦ごはんを1日2膳食べます。



スポンサードリンク



デブ菌を減らすためポイントとは?


もち麦でβ-グルカンを摂るだけではなく、
次のようなことに気を付けると、さらに腸内細菌のデブ菌を減らす効果があります。


  • 食事の中の炭水化物と脂質の量を減らす

  • 食事の量自体を減らし、腹八分目にする

  • ヤセ菌を増やす発酵食品を積極的に摂る(納豆は腸内まで菌が届きやすいのでおすすめ)



もち麦でダイエット!腸内のデブ菌を減らして痩せ体質になる効果とは?



腸内のデブ菌を減らしてヤセ体質にする効果がある
水溶性食物繊維β-グルカンは、
穀物の中ではもち麦に多く含まれています。


βグルカンには、腸内環境を整える作用以外にも、


食べ物の消化吸収の速度が緩やかになり、
血糖値を急激に上昇させない、


脂肪の吸収が抑えられる、老廃物の排出を促す、
という点からもダイエット効果があります。


食べ方は、もち麦ごはんとして
米と一緒に炊飯器で炊くだけ。


いちどに多めに炊いて冷凍することもできます。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント