へそ美容 ダイエット

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

へそ美容の代謝アップ、ダイエット効果とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

へそ美容

代謝をアップして痩せ体質になれる
へそ美容
が簡単で効果的、と話題になっています。




へそ美容とは?


へそ美容は、
台湾やシンガポールなどで注目されている、
「おへその周りを温める」という美容法です。



おへそは体の中心にあり、
周辺には、むくみ、代謝、婦人系などに
関係したツボが集まっています。


また、内臓が冷えていると
おへその周辺も冷えてきますが、


逆におへそを温めることで
体の内部から温めることができます。


体温が1℃上がると基礎代謝が12%上がる、
と言われており、


ダイエットのためにも
おへそを温めることは
効果があります。


またお腹を温めることで
腸への血流も良くなり、
便秘が改善されやすくなったり、


骨盤内の血行が良くなって
生理痛を軽減する効果もあります。

へそ美容

おへその周りのツボとは?


中脘(ちゅうかん)
おへその指幅5本分上 代謝をアップする


水分(すいぶん)
おへその指幅1本分上 浮腫みを解消する


天枢(てんすう)
おへその指2~3本分外側 便秘を解消する


関元(かんげん)
おへその指幅4本分下 婦人系の不調を解消する


ホット用ペットボトルを使って温める


海外ではへその上にキャンドルをあてたり、
お灸を使ったりして温めることが
多いようですが、


火を使うのはめんどうや危険が伴います。


そこで、より手軽に
おへそをあたためる方法として
おすすめは「ペットボトルを使う方法」です。


レンチンした蒸しタオルを
ピニール袋に入れる、
などでもいいのですが、


ペットボトルにお湯を入れて温める
ペットボトル温灸にすれば、
より温かさが長持ちしますし、


とても簡単です。


【ペットボトル温灸のやり方】

ホット専用のペットボトル
(ホットのお茶などが入っていたもの)
を使います。



・80℃で温める

ペットボトル温灸では70~80℃のお湯で
ツボを温めます。


ペットボトルに水100mlを入れ、
その上から熱湯200mlを注ぎます。


※必ず先に水を入れておいてください。
ホット用とはいえ、ペットボトルに使われている樹脂の
耐熱温度は100℃までないため。


・おへそのあたりにペットボトルを当てる

ペットボトルは面積がある程度ありますので、
おへそだけではなく、その周辺のツボも
同時に温めることになります。


・熱く感じたら少し離す

「熱い!」と感じたら
ペットボトルを肌から離し、


少したってからまた当てます。



スポンサードリンク



へそ美容の代謝アップ、ダイエット効果とは? まとめ



おへそを中心に、
ペットボトルで温めるだけで
体の中から温まって


代謝アップ、便秘解消
といった美容効果・ダイエット効果がある
へそ美容。


ぜひ参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント