低炭水化物ダイエット おなかやせ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

【体験談】低炭水化物ダイエットでおなかからやせました

読了までの目安時間:約 5分

 

低炭水化物ダイエット

モデルの小森純さんが
低炭水化物ダイエットで産後痩せした、と話題ですが、
実践した人の体験談をご紹介します!



※ダイエット法が合う、合わないには個人差があります。


また、低炭水化物ダイエット、と言っても
どの程度炭水化物を制限するのかなどの
方法に違いがありますので、ご注意ください。


おなかの脂肪が気になって低炭水化物ダイエットを始めました


群馬県に住んでる30代主婦です。
低炭水化物ダイエットを始めようと思ったのは
お腹のポッコリが気になってきたからです。


30代と中年にさしかかり、
代謝が低下してなんとなく脂肪の付き方が
変わってきた感じがしていました。


私は服を着てしまうと普通体系に見えるのですが、
実はお腹まわりが凄く、内蔵脂肪がたくさん付いてるのではないか・・・?
と心配になりました。


内蔵脂肪を落とすためには「炭水化物をカットする」方法が良い
ネット上で知り、炭水化物を抜く食事を始めました。


低炭水化物ダイエットのやり方は?


メニューは朝はナッツや卵、豆類(レトルトの蒸した豆)とコーヒーを飲みます。


お昼は通常通りに食べます(ご飯は茶碗一杯程度、おかずは結構しっかり食べます)。


夜は肉類やみそ汁、野菜。


たまに間食で、ロッテゼロチョコレートやナッツ類を食べたでしょうか…。





ダイエットの結果・・・


実をいうと、このダイエットを始めたのは
1年前なのですが、今でもこの食事を続けています。


体重はもともと太ってはいなかったので、
始めて1ヶ月くらいで-5kg減ったのですが、そのままを維持しています。


むしろ、炭水化物量がこのままだと太ることがなかなかできず、
「周りにもう少し太ってもいいんじゃない?」と言われると困ってしまいます。

試しにお昼のご飯の量を1.5倍に増やしてみたところ、
見事に一週間で1.5キロ増えました。


炭水化物の威力に驚いています。


ストレスになるので、たまには
糖質量が比較的低いチーズケーキや、
糖質offのアイスなどを食べたりはしています。


特に量を減らすようにはしていなかったのですが、
一年も続けていると、胃が小さくなるのか
お腹一杯食べれなくなりました。


ですが、たまに大量に食べると、消化液も大量に出るのか
数時間後には胃がチリチリとし、
胃も活発に動いたからかお腹もグーグー鳴ってしまいますね。


なので、また大量に食べてしまうという仕組みなのかもしれません。


その仕組みを気にしながら続けることでなんとか一年続けられています。


痩せるときはお腹周りから減っていったので、
内蔵脂肪は確実に減っていったと思います。
これからも健康の為に続けようと思います。



スポンサードリンク




低炭水化物ダイエットでおなかからやせた体験談・まとめ


体験談に補足すると、


一般的な傾向として、


  • 男性は内臓脂肪
  • 女性は皮下脂肪


がつきがち、とされています。


ですから、内掃脂肪から落ちる低炭水化物ダイエットは
どちらかというと男性向け、なのだそうです。


この女性は、
1ヶ月で-5kg、また、おなかからやせた、


ということなので、


もしかすると、
おなか周りの「むくみ」が取れたのかも知れません。


むくみ、というと
顔(まぶた)や足が気になりますが、


体中どこでもむくむ可能性はあって、
「脳もむくむ」のだそうです。


体の中で余分な糖類は、水分と結びつくので、
糖質の摂取が多いと、むくみやすいとされています。


またたんぱく質の摂取が足りなくてもむくみます。


もしかすると、もともとご飯やパスタ、パン、お菓子などの
炭水化物を食べる量が多く、
それに対して肉などのたんぱく質が少なかったところ、


低炭水化物ダイエットをすることで
相対的に糖質が減って、たんぱく質の量が増えたことが
よかったのかもしれません。


小森純さんは、最初の1ヶ月は炭水化物を食べるのは
週1だった、と話していましたので、


この体験談の方法は1日1回はご飯を食べているので
わりと緩やかな方法ですね。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント