ダイエット レシピ りんご

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

【ダイエットレシピ】砂糖不使用で満足感いっぱいの焼きリンゴ

読了までの目安時間:約 4分

 

焼きりんご ダイエットレシピ

ダイエット中のおやつ、
デザートにおすすめの
焼きリンゴ。


砂糖は不使用だけれど、あるものを
プラスすることで
さらに満足感がアップします。



ダイエット中に焼きリンゴがおすすめの理由とは?


りんごには、


非水溶性食物繊維のセルロース
水溶性食物繊維のペクチン



の両方が含まれています。


非水溶性食物戦に繊維は、
お通じのカサを増やしたり、腸を刺激して
お通じを促したり、


また不要なものを吸着して
排出する、


といった働きがあります。


ただし、すでに便秘の人にとっては
非水溶性食物だけをたくさん摂るのは
却ってお通じを固くして便秘が悪化する
こともあるので注意が必要。


一方、水溶性食物繊維は、
身体の中で水分を吸収してゲル状になり、


糖質・脂質の吸収を抑えたり、


腸内では善玉菌を増やして腸内環境を整える
という作用があります。


水分を含んだ状態で
腸内に届くので、


お通じを柔らかくする効果もあります。


りんごには、異なる働きをする
非水溶性食物繊維と
水溶性食物繊維が両方含まれている
ので、


ダイエットの大敵、便秘を改善し、
糖質や脂質の吸収を抑えるために
積極的に摂りたい食べものの一つなんです。


なぜ焼きりんごがいいの?


生で食べてもダイエットをサポートしてくれる
りんごですが、


加熱すると


ペクチンが不溶性から水溶性に変わりやすくなる


ペクチンに含まれるオリゴ糖の抗酸化力がアップする


という変化があります。

焼きりんご ダイエットレシピ

満足感アップ!の焼きりんごレシピ


【材料】

1~2人分

  • りんご 1個

  • 冷凍ブルーベリー 大さじ1

  • 冷凍ラズベリー 大さじ1

  • オリーブオイルまたはココナッツオイル 小さじ1



※冷凍フルーツの種類と量はお好みで変えてください。


【作り方】

1.リンゴを皮ごとうすいくし切りにします。
(芯と種は取り除きます)


2.アルミホイルにオイルを塗って、
リンゴを並べます。


3.オーブントースターで5分焼きます。


4.冷凍フルーツを乗せてさらに5分焼きます。


りんごの食物繊維は
皮に多く含まれているので
よく洗って、皮ごと使ってください。


オリーブオイルにはオレイン酸が豊富で、小腸で吸収されにくく
お通じをよくする効果があります。


ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸が多く
体内で蓄積されにくいとされています。
ただ、独特の香りがあるので、苦手な方はオリーブオイルを
使ってください。


りんごだけを焼くと
ちょっと単調な味になりがちなので、


酸味のあるブルーベリーやラズベリーを乗せて
焼くと味が重層的になって、
より満足感が得られます。


特に、ブルーベリーに含まれる
アントシアニンには、強い抗酸化作用があるので、
美容効果アップのためにもおすすめです。



スポンサードリンク



【ダイエットレシピ】砂糖不使用で満足感いっぱいの焼きリンゴ


果物の味だけだと物足りない
という場合は、


焼きあがった後、
αリノレン酸や食物繊維が豊富な
クルミを少量トッピングすると


食感も変わってよりおいしくいただけますよ。


試してみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント