おすすめ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

【ダイエットレシピ】氷こんにゃくの作り方

読了までの目安時間:約 4分

 

氷こんにゃく

食べごたえ十分でお肉の脂身のような食感なのに
低カロリーな、氷こんにゃくの作り方を
ご紹介します!



氷こんにゃくって何?


氷こんにゃくとは、
一度凍らせて解凍したこんにゃくのこと。



水分が抜けてかみごたえが出ることと
味が染み込みやすくなるので、


から揚げや生姜焼きなどの、
肉のかわりに使うことができます。


下ごしらえ


こんにゃくの臭みをとるための
下ごしらえをした方が、


氷こんにゃくにして調理した時にも
おいしくいただけます。


こんにゃくを使う料理に合わせて
切ります。


【唐揚げ】

角切り、煮もの


【生姜焼き、ホイコーロー】

薄切り


切ったこんにゃくを塩でもみます。


鍋にお湯を沸かし、こんにゃくを入れて
再沸騰したらザルに上げて水を切ります。

氷こんにゃく

こんにゃくを凍らせます


冷凍用の保存容器に、下ごしらえをした
こんにゃくを入れて冷凍庫に入れます。


24時間程度凍らせればOKです。


反対に、あまり長く冷凍すると
味や食感が落ちますので、


使う1日前くらいに凍らせるのがよいです。


氷こんにゃくの解凍


冷凍庫から出した氷こんにゃくは


自然解凍か、
熱湯でゆでて解凍します。



電子レンジでの解凍は向きません。


解凍できたら、キッチンペーパーで包んで
ぎゅっとしぼり、水気を切ります。


※水がよく切れていないと、
特に揚物にするときに油がはねます。


氷こんにゃくの活用例・しょうが焼き


【材料】

2人分

  • 薄切りの氷こんにゃく 12枚

  • 生姜 1片

  • 醤油 大さじ2

  • 酒 大さじ1/2

  • みりん 大さじ1/2

  • 玉ねぎ 1/2個

  • サラダ油 小さじ1



【作り方】

1.生姜をすりおろし、醤油、酒、みりんと合わせ、
よく水気を切った氷こんにゃくを漬けます。


2.玉ねぎを薄切りにします。


3.フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、
玉ねぎを炒めます。


4.漬けダレから出した(タレは軽く切っておきます)
氷こんにゃくを入れてこんがり焼きます。


5.残りのタレを入れて少し煮詰めて
玉ねぎと氷こんにゃくに絡めます。


6.皿に盛り、千切りキャベツなどを添えます。


氷こんにゃくを食べるときの注意点


こんにゃくには食物繊維が豊富で、
カロリーが低いため、


揚物、炒め物に使っても
カロリーオフができます。


一方で、たんぱく質はほとんど含まれません。


たんぱく質は筋肉や肌などを作るもとになり、
ダイエット中も欠かせない栄養素です。


1食のおかずを氷こんにゃくにしたら、
他の食事でたんぱく質を摂る、
などバランスに注意してください。



スポンサードリンク



【ダイエットレシピ】氷こんにゃくの作り方


こんにゃくには水溶性食物繊維が豊富に含まれているので、
腸内環境を整え便秘を解消する効果や


糖質の吸収を押させる効果があります。


また生芋から作られた蒟蒻にはセラミドが含まれており
1日に1枚程度の蒟蒻を食べることが
お肌の保湿にもなるといいます。


身近なようでなかなか食べる機会がない、
という人も多いと思いますが、


氷こんにゃくにすると
メインの食材として使うことができるので、
ぜひ活用してみてくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。