ささみ 唐揚げ カツ フライ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

【ダイエットレシピ】唐揚げやカツが食べたくなったらささみを活用

読了までの目安時間:約 4分

 

ささみ

ダイエット中だけれど
唐揚げやカツが食べたい!


そんな時は、
たんぱく質が豊富で脂質が少ない
ささみを使いましょう。



ささみの栄養分


ささみは1本あたり、およそ45~50kcal。
1食分で2本食べても90~100kcalです。


ささみには、たんぱく質の他、

  • ビタミンA

  • ビタミンB2

  • ナイアシン

  • パントテン酸

  • カルシウム

  • イミダペプチド


などの栄養素が含まれています。


ビタミンB2は新陳代謝を助ける
ナイアシンは糖質・脂質の代謝を促す
パントテン酸は、糖質・脂質・たんぱく質の代謝を促し、
善玉コレステロールを合成する


といった働きがあります。


またささみやむね肉に含まれるイミダペプチドは
アミノ酸の一種で、疲労回復効果が高い、
とされています。



ささみのスジのとり方


ささみにはスジがありますので、
ドの量にする場合も、まず、スジを取ります。

残ったままだと、加熱しても固く残っていて
食感が悪くなります。





ささみカツ


【材料】

2人分

  • 鶏ささみ 4本

  • 酒 大さじ2

  • 卵 1個

  • 塩コショウ 適量

  • 粉チーズ 大さじ1

  • 小麦粉 適量

  • パン粉 適量

  • 揚げ油 適量



【作り方】

1.ささみのスジを取り、長さを半分に切ります。


2.ささみの厚みを半分に切り開きます。
酒、塩コショウを振ってしばらく置きます。


3.小麦粉、溶き卵、粉チーズ、パン粉の
順に衣を付けます。


4.180℃に熱した油にカツを入れて揚げます。
ささみを薄くしているので
すぐ火が通ります。


5.油から上げて、キッチンペーパーの上に置き
油を切ります。

ささみカツ

ささみのカリカリ唐揚げ



【材料】
  • 鶏ささみ 4本

  • 酒 大さじ3

  • 醤油 大さじ1

  • ニンニク 1かけ

  • 生姜 1かけ

  • 卵 1/2個

  • 小麦粉 大さじ1

  • コーンフレーク 大さじ2



【作り方】

1.ささみはスジを取り、厚みが薄くなるように
縦に2つに切ります。


2.酒、醤油、おろしニンニク、おろし生姜を合わせて
ささみを漬けます。15分くらい置きます。


3.漬けダレにささみが浸っている状態に
溶き卵を入れてもみ込みます。


4.小麦粉、砕いたコーンフレークを合わせて
そこにささみを入れて衣を薄く付けます。


5.160℃に熱した油にささみを入れて揚げます。
3分くらいかけて、180℃に温度を上げ、
カリッと揚げます。


6.油から上げて、キッチンペーパーの上に置き
油を切ります。


※お弁当用など、ニンニクのにおいを控えたい場合は
少量にするか、入れなくてもよいです。



スポンサードリンク



【ダイエットレシピ】唐揚げやカツが食べたくなったらささみを活用 まとめ


ささみは高たんぱく低カロリーで
モモ肉に比べてお値段もお手ごろなのが
うれしいですね。


むね肉も、皮と脂肪を取り除けば
カロリーはかなりダウンできますので、


皮なしむね肉で同じように
作ってもOK。


唐揚げ、カツは衣を付ける分、
糖質がおおくなっていますから、


その分、他のおかずの糖質や、主食の量には注意
してください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。