寒天 生チョコ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

【ダイエットスイーツ】低カロリーで食物繊維も摂れる?生チョコレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

寒天 生チョコ

生チョコレート風の
まったりした食感を
「寒天」「葛」で再現したレシピです。



寒天生チョコの作り方


【材料】

1.5㎝角20個分くらい

  • 板チョコレート 200g

  • 水 160cc

  • 粉寒天 1g

  • 葛粉 大さじ1

  • 牛乳 100㏄

  • ラム酒 小さじ1

  • ココアパウダー 適量



【作り方】

1.チョコレートを刻んで耐熱ボウルに入れ、
湯せんで溶かします。


2.牛乳を小鍋に入れて火にかけ、
沸騰直前まで温めます。
チョコレートに牛乳を少しずつ加え
なめらかになるまぜ泡だて器で混ぜます。


3.分量の水から大さじ2をとって葛粉を溶かしておきます。


4.残りの水を小鍋に入れて粉寒天を振り入れて
火に掛けます。沸騰したら弱火にして1~2分煮て、
溶いた葛粉も加えて混ぜながら2分程度火を通します。


5.4を2に少しずつ加えて混ぜます。
ラム酒も入れて混ぜます。


6.5を型に流し入れて粗熱が取れたら冷蔵庫に
入れて冷やし固めます。


6.固まったら、型から出して
1.5㎝角くらいに切り分け、
ココアパウダーをまぶします。

寒天生チョコ

チョコレートを電子レンジで溶かす場合


刻んだチョコを耐熱ボウルに入れて
500wの電子レンジで約50秒~1分加熱します。


取りだして溶けきっていなくても
ゴムベラで混ぜ続けます。



チョコレートの形が残っていたら
再度電子レンジに入れて5~10秒加熱して
また取りだして混ぜる、を様子を見ながら
繰り返します。


葛かんとは?


寒天と水分だけで固めると


蜜豆に入っている寒天のようなぷりっとした食感になります。


生チョコレートの場合は
カカオバターや乳成分の脂肪分が入っているので
プリプリにはなりませんが、


葛粉を入れることで
より、とろっとした食感が加わります。




寒天と葛粉の組み合わせは
和スイーツでは


葛かん


というババロアのような食感のお菓子に使われています。


葛粉は加熱によって火が通ってとろみが出ますので
葛粉を入れたらダマにならないようにゴムベラで混ぜながら
火を通してとろみをつけます。



スポンサードリンク




【ダイエットスイーツ】低カロリーで食物繊維も摂れる?生チョコレシピ まとめ


一般的な生チョコレートは
生クリームを入れて固まらないように
していますが、


その分、高脂肪、高カロリーになります。


寒天は水溶性食物繊維が豊富でカロリーゼロ。
葛粉はでんぷんですが、
全体で使っているのは大さじ1ですし、
生クリームに比べればカロリーは低いですよね。


チョコレートの湯せんと、
寒天を煮溶かしたり葛粉を入れて練る時に
火を使いますが、


その後は型に入れて冷やし固めるだけなので、
簡単です。


ぜひ作ってみてください。





スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント