サイボクハム 口コミ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

埼玉の肉のテーマパーク「サイボクハム」って?

読了までの目安時間:約 4分

 

サイボクハム

肉のテーマパーク・サイボクハム
おすすめポイントは?
地元の40代主婦の方にうかがいました。



サイボクハムとは?


サイボクハムがある日高市に引っ越して来て10年になる
40代の主婦ですが、


今ではサイボクは大きなテーマパークにまで発展しています。
もともとは種豚の育種改良をしている牧場だったそうです。


温泉が出るようになってからはさらにお客さんが増えていて、
秋なら、日高市にある巾着田の曼珠沙華を見て、
サイボクハムでバーベキューとお買い物


という定番のコースを楽しむために、
都心から大勢の観光客が大型バスを連ねてやって来ます。


サイボクでは特に豚肉にこだわりを持って飼育していて、
サイボクブランドのゴールデンポークは本店以外にも,
市内のスーパーでも買うことができます。


都内のデパートでもおいているところがありますね。
お肉は見るからにきれいで美味しそうに見えますが、
食べてみると更に実感することができると思います。


お勧めはウインナーやハムです。


私もよく利用するのですが、
これはドイツの食品コンテストで金賞を受賞したもので、
一度食べたら他のものは食べられないという逸品です。


パーク内で焼いているウインナーやフランクフルトの熱々も美味しいですし、
ぜひお土産として買っていっていただきたいと思います。


また広いパーク内には野菜の産地直売所があるのですが、
新鮮な野菜を求めて地元の人達も買いに行きます
お客さんが多いので農家の人達は途中で野菜を補充するほどの売れ行きです。


パーク内には色んなテーマパークがあります。
小さい子供も一緒に楽しめるアスレチックや子豚さん達と
楽しく触れ合うことが出来るエリアもあるので、


お買い物に飽きたら一休みを兼ねてそこで遊ぶのも良いと思います。

レストランでは牛肉もステーキも楽しめます!

又サイボクのレストランもお勧めです。


少し奮発してレストランでステーキを食べてみてはどうでしょう。


サイボクハム

サイボクのこだわりはゴールデンポークだけではありません。
とにかく柔らかい牛肉でしつこくなく、
コースで出される180gのお肉をペロリと食べてしまいました。


池袋から1時間ちょっとでこられますし、
日高市のサイボクハムへぜひ、遊びに来てくださいね。


スポンサードリンク




埼玉の肉のテーマパーク「サイボクハム」って?まとめ


サイボクハムは2015年で創業69年をとなる、
豚肉の生産・加工・販売を手がける会社のテーマパーク。


サイボクで育てている代表的な銘柄豚、
ゴールデンポークは、
デュロック、大ヨークシャー、ランドレースの交配種です。


さらに黒豚のバークシャーを掛け合わせた
スーパーゴールデンポークは
肉質がきめ細かく、とてもおいしいそうです。


サイボクハム本店 ミートショップでは、新鮮な豚肉や、
作りたてのソーセージを買うことも出来ますし、


園内には食べ歩きコーナー、本格的なステーキが楽しめるレストランがあります。
レストランでは、ステーキ三昧の「もりもりセット」が人気メニューです。


アクセスは、


西武池袋線利用の場合、
池袋駅所沢駅(西武新宿線・本川越行のりかえ)の
急行で40分、


狭山市駅からは西武バスで17分、と都心からも意外と近いです。


家族でのレジャーにもおすすめです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント